311から3か月が過ぎ

また久しぶりの更新です。
前回の更新が4月だから、あれからもう2月以上が経つ。

その間に自分の環境も変わった。NPOに関する基金訓練を受け始めた初っ端にたまさか今働いている事務局長にエレベーターの中でばったり出会い、そして現在の札幌市に被災で移動してきた震災被災の方々の生活支援のための情報提供や、相談などの仕事をしている。
ペーパー資格は持っていたが、実務経験が無かったため、企画力や支援のためのむすびや連携の方法論を持てずに苦労しているのだが、同時期に入った2人の同僚が非常に有能なので、私はどちらかと言えば今は裏方に回って内部の基盤整備、社会保険や経理などの事務的なことを中心に行っている。実はそちらも社会保険労務士の資格があるとはいえ、こちらもペーパー資格なので緊張し通しやら、小さなミスやらで大変だ。

どんな仕事であれ、仕事に自分の内面を託すなどということは難しいことを改めて学んでいる。
続けるためのポイントは事務局長の高い福祉マインドとボランティアスピリットにレスペクトしているのと、けしてリーダーとして叱責しない優しさのおかげでもある。

そういう環境でなかったなら、なかなか難しいと思う。
状況は動くし、既定の道はなく、作っていく作業がある。それは出来る才能を持つ同僚がいるので、自分はそれを見て学ぶ(とはいえ、見ているだけでは難しいのは確か)方向性しかない。事務屋さん的な仕事が常にあるというわけではないからだ。

もう一つは被災避難者の問題に関われる、という仕事の原点があることが大きい。
そのために情報を集めることは苦にはしないつもりだが、いかんせん、福祉の専門勉強も通信での随分前のことだし、伝える力の弱さを感じる。
ただ一つ自分に可能性がある分野があるとすれば、「聴く力」ということになるだろうか。

「聴く」というのは実は簡単な事ではないと思っている。語り手の思いの背後にあるものも含めて、聴くというのは表の意味も、その背景の意味への想像力も、両方必要になるからだ。本来、真剣に聴くなら、語り手の文化的な背景もおおげさにいえば、知っておきたい。文化的というのは、狭義の意味ではなく、広い意味でのその人が生きてきた環境への思いをはせるような感じだろうか。

大層立派な言い方になってしまうけれど、実はその力とて、自分はまだまだ全然だ。唯一可能性がある分野はそこだろう、と思う、という話だ。

しかし、今の仕事のように大きなグランドになると、そのような個別的な話を聴くことでカタルシスを得てもらうような状況にならないのも現実だ。

ところで、この夏を契機に福島県を中心に子どもたちを中心に北海道に受け入れようという動きが出てきている。
私は福島は大層危機的な状況にあるという認識を持っているし、本日の健康調査の話や、子どもたちに線量計を渡すような話が現実化していることを考えると親たちが深刻に移転を考えだすのは人として自然な感情のようにも思っている。

しかし、避難する後にどんな生活が始めるのか、両親ともになのか、母親のみなのか。住まいは公営か、民間賃貸なのか、身寄りに住まうのか。
知らない土地でなじめるか。それら生活の細やかなことを深刻に考えての移転なのか、あるいは移転を呼び掛ける団体の深い想像力なのか、ということも考えてしまう。

あまり深い所まで踏み込んだことは今は書かないけれど、本格的な原発事故というこれこそ未曾有の事態を生みだした罪は深いというしかない。それは、東電から電力供給を得ている立場にない自分も負う罪だ。北海道には泊に原発があって、そこでだいぶ供給されているのだから。
やはり、一線を超えるものを日米安保に匹敵するほどの安全神話を作り上げてしまったものだから、余計にパニックを恐れて初動も遅れ、今も原発だけは明るい展望を描けないでいる。

今回の大震災のクライシスは、復興・復旧に向かう日本人の自然との長い身の処し方も踏まえ、襟を正さざるを得ないほどの被災地の人々の自生的な力に感心させられたけれど、残念ながら、「原発」に関してだけは暗い絵図として残ってしまった。

避難退避の動きは呼びかけ団体も含め、これからも少しずつ底流で動くのだろう。非常に残念ながら、今回の大震災において、もっともつらい歴史的記録のひとコマであるのだろう。
それだけに経産大臣がまだ終息しない福島原発の事故の渦中で、原発の再稼働をお願いするその空気の読めなさに慄然としてしまうのである。
[PR]

by ripit-5 | 2011-06-18 22:44 | 社会