ビューティフル・デイズ

家人が入院してしまった関係で階下でNHK-BSで映画を見ることが出来るようになってしまった。功罪ある中での副産物かな。

インドネシアの映画をやっていた。
いわゆる青春恋愛映画で、まぁ女の子が見て喜びそうな内容ではあるが、青春期の純粋な思いが真っ直ぐで、おじさんが見てもなかなか楽しめました。うん、この真っ直ぐさがいい。

インドネシアといっても、若者のポップカルチャーはインターナショナルなものになっているなぁと実感。
洗練度はまだの部分もあるけれど、それだけ逆にスレてない。そこもいい。
http://www.movienet.co.jp/movie/opus01/beautifuldays/

詩を持って、愛を伝えるなんて70年代みたいでいいじゃないですか(笑)。好きだな。

明日はイスラエルの映画で、キブツが舞台のようだ。
今のイスラエルというと、国際政治の難しい舞台に立たされた国として脚光浴びることが多いけれど、古くは集団農場であるキブツという実験が脚光を浴びた時代もあった。そこは政治的なものと違う興味をそそる。また明日も映画を見ちゃうな。
[PR]

by ripit-5 | 2007-10-22 15:31 | 映画