ONCE - ダブリンの街角で

観ている最中も観終わった後も、ほんわかと暖かな余韻が残る本当に良い映画でした。

父の家業である掃除機修理の仕事を手伝いつつ、バスキング(路上演奏ー今ではどの都会にもいますね)。で小金稼ぎをやっている元ミュージシャン(?)の男と、その演奏に魅力を感じて主人公に強い興味を持ったチェコからの移民の女性。実は彼女はピアノの才能がある。この二人の音楽を通した友好から愛情へ?といった筋。大きなストーリーは特に無い。それだけに音楽の持つ力、人と人を結ぶ力、音楽に向かう真摯な姿勢がストレートに伝わってきました。

映像もドキュメンタリー・タッチでカメラも結構ぶれたり、きちんと固定されていないアングルだったりもして、そこがリアリティを醸し出していて良いです。
主人公の歌唱が熱くていいですね。そして素朴な人間関係。ほんの少し挿入される夜の人々の集まりで自然に中年女性の口から歌われ出すアイルランド民謡。演奏が続くうち、いつのまにか主人公もトラデッショナル曲のギター伴奏をしています。やはりアイルランドって音楽のくになんだな、と思ってしまいます。

主人公の住まいが質素ながらも割とこざっぱりとしているのに比べ、主人公が好きになっていくチェコ女性の住まいがやはり「移民の暮らす場所」というべき団地のようなもので、テレビを観に隣の部屋の男性たちが勝手に入ってくる辺りなど、結構生活が対照的。母も英語は喋ることがほとんど出来ない。そう、考えてみれば、主人公に声をかけた女性も付き合いを始めるまでは街角で花を売ったりして生活をしていたのだ。う~む。そう書くとマッチ売りの少女かの如き世界に思えるが、彼女には卑屈な様子は無い。主人公が掃除機修理で生活していると聴くと、昼間の街中に掃除機をむき出しにして修理を頼み、その場で直してもらおうとしたりする。工具がある彼の家までそのまま行く時も、途中のファストフード店で食事をする時も、ピアノを弾かせてくれる楽器屋に行く時も掃除機のホースを持ったまま掃除機を引いていくのだ。それが全然意に介してない様子がまたいい。後で主人公の曲のレコーディングの費用交渉の際、彼女は凄いネゴシエーション能力を発揮したりもする。

結末は観た自分としては少々意外な展開だったけれど、よく考えれば音楽で身を立てるという夢を果たすため、生きる力を取り戻した男と、彼や彼女を取り巻く現実とを、つまり夢と現実とをバランスよく見せるこのドキュメンタリー風味のファンタジーにはまっとうなラストかもしれない。
映画の主人公(ザ・フレイムスのメンバー)とチェコの女性を演じた二人のインタビューが実に良いので解説としてはこれが一番かと。

ポップミュージックが細切れでCMレベルで流れているという悲しい現実もあるけれど、同時にこのような音楽そのものの良さ(と、それを作り歌う人の誠実さ)が映画になってほんわか人の気持ちを暖かくする、という意味では、今ではポップミュージックが果たす役割はとても大きくなっているのだな、と思います。主人公の家も、あんなにリハでガンガン皆で演奏しても全然お父さん、非難がましいこと言わないんだよね。むしろ協力的。
d0134515_213574.jpg


しかし何というか、北海道に住む人間として何故かアイルランドのこの雰囲気は親和性を感じる。勿論それは英米ロック/ポップのファンとしては彼らの心の故郷として重要な位置を占めるのがアイルランドだという予備知識のせいもあり、ヴァン・モリソンが言うが如く、ロックンロールのふるさとは「ブラックミュージックとヒルビリー」であるだろうからして。というのもあるけれど。
そういう個人的な嗜好の問題もあるけれど、何となく人や街の雰囲気があえていえば、イングランドよりもアイルランドの方が馴染めそうな。。。
人間も素朴な感じがする。もちろん、アイルランドの人はより直裁で情熱的だと思うけれど。北海道人は基本、寡黙ですから。その代わり素朴で余り計算高くない。そこら辺似てない?とか勝手に思い込んだりして。

あとは移民がイングランドではなく、アイルランドに流入していることも時代の変化があるんだな、と思いました。僕がアイルランドというと思い浮かべるのはIRAのテロとか、まあ英国との長い確執と闘争史のようなもの。それが今ではヨーロッパでも経済的な優等生になり、欧州人にとっても住みたい国のトップランクにあるというのはどういう秘訣があったのでしょうか。
このところ2代続けて国のトップが女性であるということも含めて、興味深いことです。

おそらく観光したい場所としてアイルランドは急浮上しているのでしょうし、そして多くの人にとってかの地の音楽がやはり魅力だと思います。その点、北海道は音楽の地ではない。(伝統としてない、という意味で)。何だろうね?やはり食を魅力として売るべきなのだろうか。自然以外には。後は水だね。これだけは自慢できる。
[PR]

by ripit-5 | 2008-01-29 21:35 | 映画