スピッツがとんでもない!

と、タイトルどおりなのですが。

ちりとて。秀臣さん。。う~む。でも、おそらくそれだけじゃないよ。
物凄くその気持ち分かるけれど、でも名工が考えていたことはそれだけじゃないはずなんだ。
「血筋」だけでは表せないものがあるはず。もちろん、血筋のないものはどうしてもそう思ってしまうものだろうけど。絶対違う秀臣さんの才能を見抜いていたはずなんだ。もちろん、名工にとって息子が後継ぎに戻ってきたことはそりゃ、こころから嬉しかったろうけどさ。二人ともそこにいたなら、きっと塗り箸工房のことは真剣に考えてくれていたはず。じいちゃんのただ一つの心残りは(最初見ていないにもかかわらず)秀臣さんのことだと思う。きっと秀臣さんの心うちも察していたのではないかと。

と、妄想が入ったところで(苦笑)。うい~。

スピッツの新作を、新作価格が終わった時点でレンタルして今聴いている。
こりゃ、マジに素晴らしい!「ハチミツ」以来のつき抜け方じゃないですか?
マサムネって人は。本当に幸福な感性をそのおつむの中に早いうちに育んだ人なんだろうなぁ。なんかドラマノリとの延長みたいだけど、嫉妬しちゃうよ。

というか、そんなマサムネ・メロディの王道、今回は横道が全くなくて全開なのだ。ためらいの時期が終わった。実験も脇見もない。
この「メロ才」は英米ミュージシャンでもなかなかあるもんじゃない。

こちらの精神状態が緊張、集中、閉所、真剣、深刻、どうどう巡り。そんな風に頭の中を煮詰めた中で、この音楽に出会えば。あら不思議!
まるで目の前に真っ青な空。そして子ども時代、雲を何かに見立てて喜んでいた時代が戻ってくるじゃないか。うれしくて、切なくて。って、これもスピッツの詞のパクリみたいですがね。

マサムネの言葉のマジックはさすがに中年オヤジになった自分には初めて聞いた頃のような驚きは薄れてはいるけれど、つまり彼の言葉のジェントルな・中性的なマジック・ワード自体は基本的に変わらないけれど、こちらの詩的な言葉への感性が薄れたのか、インスピレーションに舌を巻いたりすることは格段に減ったけれども、メロディとバンドの音圧は別。素晴らしすぎる。

これでも、ミュージックロードのど真ん中に出てこないのはいかにも彼ららしいですが。
でも、マサムネが洋楽ロックに出会ったのは幸福でしたな。リスナーにとっても。
日本に洋楽ロックがなかりせば?それでも別のアプローチで音楽界にその名を残したと思いますがね。この人は。

d0134515_223655100.jpg

[PR]

by ripit-5 | 2008-02-29 22:42 | 音楽(洋楽中心)