ガンバレ(笑)、ナイジェル

XTCのヴァージンを離れる際に出したシングルコレクション、1977~1992。中古屋さんでとうとう入手!原価が高かったので、2500円は妥当だろう。(正確には割引いてもらって2400円。いつもすみませんm(__)m)。
なにより、シングルは彼ら、とにかく力の入った名曲ばかり。
個人的には「オレンジ&レモンズ」「ノンサッチ」を除いて、「イングリッシュセツルメント」以後の部分が抜けていたので、そのアルバム部分のイメージを補うのに、いい。

あるブログでXTCについて力強い文章を掲載されていて、ずっと気になっていたXTCのキャリア洗い直し、タイミングが良かった。

それにしても「メイキング・プランズ・フォー・ナイジェル」、邦題は「頑張れナイジェル」だったんだけど、こいつは”就職相談員ソング”だよな。思いっきりその「自分の背中が見えない善意」を皮肉ってます。

コリン・ムールディングの歌詞もアンディ・パートリッジに劣らず皮肉がきつい。メロディの分かりやすさで云えばアンディ以上だし、歌詞の皮肉の強烈さはある意味アンディ以上にわかりやすい。

このお二人は絶対、モンティ・パイソンとか好きだと思うな。

やれ、自己分析だ、職務経歴書だ、履歴書の書き方だ、面接の仕方だ、自己のキャリアを洗い出せとかなんとか。一生懸命自分の中から何か搾り出そうとしたって、入ってない財布から何か出せといってるようなもんだ。

もっと強力なものを出したら、それは出すな!というのに決まっているのに。

そんな職業相談員、真面目に学生や失業者に対応しているつもりらしいから尚更たちが悪い。というか、厄介だ。それは求職者も同じ。お互いにそんな気分になってくるのは不思議なもんで、逆に会社の採用面接官のほうが鑑定眼がどれだけあるのかはわからない。
職業相談員自身のスーパーバイズが必要だし、本当は失業体験者が就職相談員をやるべきだろう(笑)。

そんな理不尽な、というか疑問符気分になったらこの曲を頭の中で鳴らせ!チュン!バシッ。
前面に浮き上がって鳴っているギターの音とボーカルが非常に斬新で、思いっきり爽快なポップソングです。流石だね!
d0134515_22394314.jpg


俺たちはナイジェルのためのプランを立てているだけ
 俺たちは彼にとっての最高のものだけがほしいんだ
 俺たちはナイジェルのためにプランを立てているだけ
 彼にはただそれだけが必要なんだ
 それでもって若いナイジェルが幸福だっていうなら
 そうにちがいないさ そうにちがいない
 彼は自分の仕事に満足なはずさ
 俺たちはナイジェルのためにプランを立てているだけ
 彼は英国の鉄鋼に夢を抱いている

 俺たちはナイジェルのためにプランを立てているだけ
 ナイジェルの将来は約束されたも同然
 それでもって若いナイジェルが幸福だっていうなら
 そうにちがいないさ そうさ
 彼は自分の仕事に満足なはずさ
 ナイジェルは率直なやつじゃないけど 話すのは好きさ
 ナイジェルは仕事に満足している
 俺たちはナイジェルのためにプランを立てているだけ


[PR]

by ripit-5 | 2006-01-29 22:12 | 音楽(洋楽中心)

本もののパフォーマー

大雪害の中、佐川さんがamazonから送られたコステロのPVベストのDVDを運んでくださる。
有り難く受け取り、有り難く拝見。
何といっても、ボーナストラックの78年頃から83年頃までの映像。
これは凄い、とんでもない、素晴らしい!
この頃のコステロはほとんど誰も云わないが、世界一のロックパフォーマーだったんじゃないのか、もしかしたら?
いや、僕もここまでとんでもなく凄いパフォーマーだと思わなかった!
いや、特に彼になんかのアドバンテージがあるわけじゃない。若い時から老け顔だし、確かにトレードマークのメガネとスーツはあるけれど。それ以外にあるのは純粋に彼の歌の世界だ。
今書いてても背筋が寒くなるが、彼の内側から湧き上がる冷たい炎とでも言うべきものが外に点火する瞬間、世界が変わる、そんな。

ザ・チューブなんていう若者向け番組で、「パンチ・ザ・クロック」のようなポップなアルバムの曲をあんなに喉一つで壮絶に聞かせる。
あの人の心中に何があるのか?と思わせる。
歴史のようなパフォーマンスだ!!
必見、ロックファン、必見!!

d0134515_2232643.jpg




[PR]

by ripit-5 | 2006-01-19 22:15 | 音楽(洋楽中心)

道徳の基盤

やあやあ ぼくときみはいつものように挨拶をかわし
この世の悪に 憤りを感じてみせる
言葉は武器さ 僕らのあいだでは
言葉は力さ ぼくときみのあいだでは

語るうちから 後ろめたさがしのびよる
語る言葉は 昨日を裏切る
その場の状況に合わせ ぼくは自分を変えるだろう

自分自身なんてないよ という人がいる
東洋の知恵を思い出せと 東洋の神がかりの人がいる
どっこい、どこかの学校の校長先生さ

文部次官が道徳を問い 文部次官が賄賂を貰い
死ぬこともなく 悪くは無いと叫ぶ
彼は 自分のことが忘れられるときをまつ
ぼくは 忘れない ぼくは あえて忘れない
これはぼくの趣味 酒も煙草も薬もやらない
ぼくの いやらしい趣味なのさ

後をつけ回しもしないし こだわりもしない
だけど 忘れはしない
彼の歴史は ぼくらの国の歴史

やあやあ ぼくときみは 同じように朝を迎え
同じように挨拶を交わし
昨日の犯罪行為について 顔をしかめて話すだろう
だけど 忘れはしない
ぼくの矛盾は ぼくの歴史
ぼくの後悔は ぼくの歴史のほんの一部

後ろめたさこそが
ぼくの道徳の基盤なのさ
[PR]

by ripit-5 | 2006-01-18 22:14 | 日々

早くもか?

IT長者も検察の捜査か。
怪しいし、持つまいと思っていたあの人も思ったよりも早く凋落か。
ヒルズ族、何時まで持つのか。
ITの技術並みに早いか、進退窮まるのも。

すでに小泉/竹中路線の副産物が去年のまさに選挙圧勝後、ほころびが出てる。
ヘンテコチルドレンさえオモチャにしての結党記念大会で自民党のチルドレン化は始まっていた。

小泉後の安倍というのも、すでにその存在感の弱さがブラウン管ごしに出てる。
もちろん、映像を通した実態なぞわかる分けないのだが、小泉に何かを仮託する弱さを持つ一般人は安倍にもすぐ見つけるだろう。
意外と早くこの路線は終焉するかもしれない。

ただどう立て直す、立て直し方は?
僕はまだ加藤紘一という目もあるんでは、と思うのだが。

本当は「日本のガン医療を問う」のような番組を手がけるNHKの番組の中に感じられるものこそ人間として最も本質的な問題だし、高齢者問題にしても、弱さに視点を当てることこそ、人間社会のひだがわかり、ドラマがわかると思うのだ。

すっかり浅くなった何かをとりのぞくべきだ。
[PR]

by ripit-5 | 2006-01-16 22:16 | 社会

マニアック(?)な音楽話

今日、午後からずっとやっていたNHKのBBCライブを聴く。BBCのライブ音源はまずもって音響がいいのにびっくりする。
ケーブルでやってるスタジオライブ番組「ジュールズ倶楽部」もそうだが、非常に音響がいい。ポップミュージックに対する情熱のかけ方に深い伝統があるように思うがどうか?

スペシャルズは演奏が非常に上手い。彼らの場合、ステージで実際大暴れしているので、演奏も荒れ荒れの気がするのだがとんでもない。特にドラム&ベースのリズム隊の演奏が実にしっかりしている。特にドラムは。そうそう、忘れていた。それにリズムギターのリンヴァル・ゴールディングね。

トム・ロビンソン・バンドを聴きながら、次のテーンエイジ・ファンクラブの間にある自分の中の断層に明確に気がついた。テーンエイジ・ファンクラブは文句なくいいバンドだ。演奏も、メロディの才能も素晴らしい。だが、僕にはどこかでロックに求めている原像があり、それがある時期から風景が変わったのだということをしみじみ感じたのだった。

一言で云えば、トムロビンソン・バンドは極めて真面目なバンドである。それは旧社会党的真面目さに近いといえなくも無い。

僕はトムロビンソンバンドとテーンエイジファンクラブの間にある15年ほど空いたロックの断層は工業社会が生んだバンドと現在に通ずるサービス産業時代が生んだバンドの違いのような気がする。乱暴な表現だが。

そしておそらく僕は。。。後者に少しついていけなくなっている。テーンエイジ・ファンクラブに、ということではなく、サービス化社会というものに。そこに染まっていながら云うのは矛盾だが、利便とともに、そこに居心地の良さを感じきれないようなのだ。


d0134515_22362743.jpgd0134515_22371322.jpg

[PR]

by ripit-5 | 2006-01-14 22:17 | 音楽(洋楽中心)

群盲

あなたやぼくがふと立ち止まると
いろんな場所から いろんな角度の
言葉が聞こえてくる
それは命令のように
ときには愛の言葉のように
自分の目的のために
国家の財産に奉仕させるために
哀しい善意のために
あなたやぼくが ふと立ち止まると
いろんな言葉が 右に左に振り回す
ぼくやあなたは 思惑ってやつを考えるだろう
素直さを無くすだろう
腹の底から笑えなくなるだろう
身体一つで生きていく気持ちが無いのなら
そう、身体一つ それで生きていけるなら
話は別だ
いつのまにか あなたは立ち止まり
ぼくもいつのまにか 立ち止まっていた
おそらく そこに気づくのが遅すぎたね
魅入られたものは ただ当たり前の雲だったのに
それよりも 大事なのはテレビで起きていることらしいんだ
いろんな定義やレッテル
あなたやぼくは もう信じていない
そして寂しくなる ひとりぼっちなんだから
あなたやぼくが立ち止まるたび
いろんな角度から けしかける言葉が聞こえるだろう
そして 僕たちは思惑ってやつを考えるだろう
源流を忘れ
ただ愛し合ったふたりの間の子どもたちに過ぎなかったことを忘れてしまうのだろう
[PR]

by ripit-5 | 2006-01-13 22:19 | 日々

気弱さの(あえていうならば)罪

「無知は罪である」という言葉があるようだ。
なるほど、ぼくもそう思わざるを得ないことを良く考える。
 だが、同時にそこまで厳しい考え方もどうかな?とも思う。
 現代社会の仕組みは日々複雑さを窮める。煩雑な制度や法律、時には一般常識と違ってびっくりすることもあるだろう。法律の世界などはそうだ。
 最近では、長引く不況や闇の世界が活動が難しくなっているせいか、法律を悪用するような手合いも多いようだ。
 それらのことに通暁するのは一般の我々には難しい。

それよりもむしろ「弱さは罪だ」というべきなのかもしれない。専門知識がありながらも、それを伝えない教えないで行為する。不作為の罪。それは自分が集団社会の中に生きて、自分の意見がありながらも、それを貫き通すことが出来ないようなことからくる弊害である。
あるいは率直に気弱さから、例えば分からないことを分からないといえず、深みにはまることもある。

自分にはこの気の弱さがある。大いに気をつけないと、社会的な罪を犯さないか、それを恐れる。
気弱さは優しさと表裏のことが多いので、いち個人として変えていく方向が難しいことでもある。それだけに。
[PR]

by ripit-5 | 2006-01-12 22:28 | 社会

ガンというものを初めて感じた家族として。

実は今年の年末年始はヘビーだった。
29日に親父が退院したのだったが、その様子はガン治療を始めて家族としてぼくが見る限り一番調子が悪そうだったからだ。

原因はガンではなく、肺炎治療のために使ったステロイド剤の副作用で、便秘と食欲不振のため、体重がかなり落ちた。その結果、入れ歯が合わなくなってしまい、それがますます食事を食べられなくさせた。2日おきくらいに見舞いに行っていた母によると、栄養点滴していたらしい。
その老いた姿と、大晦日も正月も、好きな神棚にも何ら関心を示さない姿に、本当に辛い時は全く自分のことにしか関心を示せなくなるものだということに肉親としてショックはあった。

今、やっと調子が戻り、入れ歯の治療が済んで白米も食べられるようになり、別人のように元気になッた。その父と一緒に録画していたNHKの「ガン医療を問う」シリーズを見る。
何かといわれるNHKだが、このガンに関してはNHKは真摯に問題提起し、情報を提起している。特に今回は”緩和ケア”の取り組みが大変興味深かった。

スタジオに集まったガン患者さんの発言の重さに昔よりも気持ちが行く自分がいる。そして、医者という人たちの真摯さにも感じ入る。
緩和ケアといえば、佐藤秀峰の「ブラックジャックによろしく」のガン医療篇の結末部分を思い出す。主人公が先輩医師たちの苦悩を受けて、提起したアイデアが緩和ケアだった。当時そのストーリーに大変感動したが、いま改めてまだまだ緩和ケアが新しい医療であるということも含めて、そして瞬く間に今はヨリ着目を浴びる分野として、単に終末医療に終わらせず、緩和ケアとガン治療の併用にまで番組は提起する。体の痛みとこころの痛みにも着目して。治療の中に緩和ケアを組み込もうではないかと。

「ブラックジャックに~」は漫画に過ぎないが、その漫画が社会に与えた問題提起はけして少ないとは思わない。緩和ケアを提起する話の展開に大変な説得力があったのは、何よりもガン患者さんの人間として生きることの意味と美しさを提出できていたからだ。
これが出来るのは物語の得意分野だし、それをマンガで描き得たのは尚更すばらしいことだった。

父が帰ってきた当初は正直自分も沈んだ。今年の6~7日くらいまでそうだった。おかげで随分元気になってくれたので、僕の心も安らぐ。TVでは痛みを解放させてあげられず、親や妻を失った人たちの罪悪的な気持ちも語られていた。「自分がもっと(緩和ケアのような)情報や、医療機関を家族に提供できていれば」と。もちろん家族の責任ではないのだが、自分の責任のように感ずるのが家族なのだ。
ぼくはこの家族ほど親のことを思っているか?そう思うだけで泣けてくる。

佐藤秀峰氏の漫画をいまちらりと見返してみても、本当に本質的な、番組に繋がる会話が繰り広げられる。
緩和ケア、今後まだ父のやまいにもまだ必要な時があるだろう。
今回のあれこれで本当にいろいろなことを考えさせられた。
ガンを治すのは誰か?ガンと闘うのは誰か?主人公は患者だし、寄り添うのは医師や家族。

当たり前のことを当たり前に出来るように。
こういう番組こそ、人間の「本質」に向き合うものはないと思った。
今年は親父を連れてドライブさせてやるのが夢だ。とりあえず、それだ。
[PR]

by ripit-5 | 2006-01-11 22:30 | 家の話

アナログプレーヤーを買った

ロー・プライス、一万もしないものだけど。
まずは何よりクラッシュの「サンデニスタ」を聴きたかったのだ。
もうウン10年ぶりになるサンデニスタ。とうとう全編通しで聴く。この作品をあえてCDで買おうとは思わなかった。いつかプレーヤーで聴けるようになったら聴こうと思っていた。たまに暇な時歌詞カードだけ引っ張り出して眺めていたりした。これカッコいいんだ。コミック風な歌詞カードで実に洒落ている。かなりプロフェッショナルなコミック。

そして、今回とうとう音と詞が一致したぞ。
改めて気づくのは、サウンドの幅広さ。ジャズ仕立てのモーズアリスンから、ドクター・ジョンもレパートリーにしている「ジャンコ・パートナー」のレゲエヴァージョンはちょっと肩に力入りすぎだけど。全体漂うレゲエ的なエコー感。
そしてカーニヴァル風から、もろにゴスペル風な音楽まで。
こんなに幅広くやっていたのか!まるでルーツミュージックの博物館というか、それらの要素を投げ出してるというか。
彼らのルーツミュージックへの造詣の深さを知ることが出来ると同時に、ここに至って、もはやパンクなどではなく、いちメッセージロックバンドという方がふさわしい。
3枚目の裏面一曲目以降は流石につらいけど、C,D,E面と、当時に比べて、思ったよりもはるかに楽しめたのは収穫。



LPの音がこんなにいいとは、これも実は意外な発見で、大きな喜びだった。人的なぬくもりがある。
ビートルズの音などはだいぶ新鮮な響きがある。
なんかきちんと作ってるんだから、ちゃんと聴こうね、という気にさせるね。アナログ盤は。



d0134515_181681.jpg

[PR]

by ripit-5 | 2006-01-09 22:31 | 音楽(洋楽中心)

向き合うべきもの

時にはブーイングや中傷も良いものだ。
それが酷くいかれたものであればあるほど。
自分の足場がそこに一つ固まる気がするからだ。
しかし、それとても対象があっての比較のありようにしかならない。ひどく不完全なものだ。
本当に闘わなくてはならないのは自分自身だ。
もしも「闘い」という言葉が適切であるとするならばの話だが。
一番、向き合って克服しなければならないのは自分自身だろう。
感情や感傷でメガネがいつも曇った状態の今はそれは果てしなく遠いストーリーのように思える。
考えてみれば、思春期以来、ひっかかりながら続いているこの何かはこのこと、自分自身そのものに尽きるように思える。
時間は少なく、浪費は長い。
そして仕事は必要とされなければ仕事と呼ばれない。
身近な社会から自分自身から。眩暈をするよりは観察が出来るようになりたい。これからでも。
[PR]

by ripit-5 | 2006-01-06 13:52 | 日々