番組改編訴訟高裁でNHK敗訴

メディア・リテラシーを考える上でも、大変興味深い判決だった。
戦時性暴力に関する番組で、東京高裁裁判長は、「NHKが国会議員らの意図を忖度(そんたく)して当たり障りのない番組内容にした。改変の経緯からみれば、憲法で保障された編集権を濫用し、自ら放棄したものに等しい。原告(「女性国際戦犯法廷」の主体者)の番組内容に対する期待や信頼を侵害し、説明義務も怠った」
「NHKの松尾武放送局長(当時)らは放送前に番組の情報が外部に流れ、説明した安倍晋三官房副長官(当時)らから『公平、中立の立場で報道すべきだ』と指摘された。NHKの予算承認時期と重なり、影響を与えることがないようにしたいとの思惑から、(改変を)指示した」
と、論旨は明快。
ひとつ話題になる”期待権”については長くなるので改めよう。

メディア・リテラシー的に重要なのは、取材者に対する”説明責任を怠った”ということがポイント。これは編集権に絡むことだが、笑うのはNHK広報局の談話。
「判決は編集の自由を極度に制約するもの」と怒り露のようす。つまり、ドキュメンタリーでも編集をしまくっていると認めているということじゃん。しまくっている、という言葉が乱暴に思えないのは、NHKの主張にある「取材しても報道しないことは日常的にあり、取材対象者への説明義務が法的に認められると、表現の自由を萎縮させる」と。
この種の談話が載ると、イメージとして強者(政治家、権力者など)への表現の自由を意識させるが、けしてそんなことはない。今回の場合、強者に対峙する弱者の説明義務の話であり、それも表現の自由の萎縮になるし、取材も編集で実際は取り上げないと自ら認めているわけだ。

実際、ネット時代になり、取材の番組へのいいように改変される話はいわゆる識者のサイトでもよく読むことの出来る話だ。あるいはNHKの当たり障りない「街の声」をみよ。日本人の皆がまるで全て物分りよい、諦めのいい人々のようではないか。「街の声」取材も激したり、辛らつだったり、明らかな権力批判だったりを語ったらまず取り上げられないと思ったほうがいい。そして、真面目な番組も、真面目に語り、行為をしても、全てが徒労になりうると覚悟した方がいいーそう思わせるNHKの対応なのだ。。。

もっと笑止なのは、安倍首相の談話。
「この判決で政治家が介入していないことが明確になった」と。
???何を読めているのか。安倍さんに呼ばれたことが政治家の圧力と感じ、予算時期に危機感を抱いて番組改編したと裁判長が認めているではないか。

これが政治家の介入がないと?
日本語が読めるのだろうか。

小泉氏がスキャンダル閣僚に問題を抱えていても看過なく過ぎ、安倍首相になると一つ一つがダメージに報道されるのは小泉の秘書官がマスコミ操作が巧みだったのと、安倍さんがマスコミとの関係を上手く築けないことがあだになっているのかもしれない。
NHKの番組に絡んだように。
いずれにしても、大衆メディア時代の政治かーーー。

首相はエンターティナーではないはずだが、いずれにせよ大衆的なイメージ、というやつなのだ。逃げられぬ曲者。

話はそれるかもしれないが、「たけしのTVタックル」ですっかりタガがはずれた放言オヤジと化した三宅は大嫌いだが、先日は一つ納得行くことがあった。
「首相の支持率は上下があるもの、一喜一憂することはないと中曽根さんが安倍さんにアドバイスした。中曽根さんの支持率は発足当時39%代だった。だから安倍さんを支持率の下落だけ見るのは早計で気の毒だ。ただ、中曽根時代は政党政治。小泉さんが余りに異色で大統領型だった。そして今や大衆の支持があるということはかつてに比べて大きい、そこは中曽根時代とは違う」と。

そう、それはまさにそういうことなのだ。
ある意味恐ろしいことだけど。

最後はまた、話がそれましたね。
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-31 11:40 | 社会

美しい、美しいっ、て(笑)

安倍さん。まるで今の日本人は美しくないと思っているみたいじゃないの(笑)。
こりゃまた、たいした自虐観だな(笑)。
小泉さんはどういうかね?自虐的だっていわないのかね?ポジティヴ思考の小泉さんなぁ。って、冗談だよ。ポジもネガもあの人にはなかろう。

安倍さんは小泉さんをどう思っているのかね?安倍流にいえば、道徳に照らしてホリエモンなんて、天罰ってことだよね?

。。。ホントはどうなのよ?。。。
ようするに、小泉さんを安倍さんはどう評価しているのかね?アメリカをどう見ているのかね。
すごくねじれているように見えるね。
また、矛盾を抱えているようにみえるね。
安倍さんの人気が低迷気味なのは、大衆性に欠けるというのが大きいのだろうけど、イデオロギーを前面に出すこの賭けに勝算はありかね?

つまり安倍さん自身、いずれは飛び出す、もし古い道徳を美しく広げる以上、反米保守の機運が盛り上がること。これだね。
これは本人もセーブしたいところだろうけどね。
凄くそこで自分も迷っているように見えるね。
美しい、も血肉ではなくて、観念だということの証ではないだろうかね。
そんな古い道徳で育った人には到底思えないのだがなぁ。
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-26 11:41 | 社会

本当の華麗とは。

本格的に寒くなってきた。

帰ってきて食事時、山崎豊子の「華麗なる一族」をやっていた。
豪華なセットにバーチャルな配役という感じ。台詞にリアリティがあることで救われてはいるが。。。

さて、その中で鉄のこだわりを語るくだり、「日本が先進国であるためには」と盛んに主人公は語る。よく言う、資源がない日本の1億の民を食べさせるには、という話。前から書いている通り、今後年間100万近い人たちが亡くなる社会にこの国はなるが、その辛い50年ほどを乗り越えれば、戦争をせずに念願の適正人口にいたるはずだ。

不思議だ。戦後、資源が無い、食えない、食えない日本人1億を救うためには先進国、一等国にというリアリティは、いまも強迫観念として残っている。
先進国の意味をGDPで図るのはもう古くないか?

話をそれまくりだが、その意味では先日亡くなられた、日清食品の会長さんは国民栄誉賞に値する。チキンラーメン、カップヌードルの開発は、まさに「食べれない人たちを何とかしたい」という純粋さから生まれたインスタントラーメンだと思う。
インスタント食品の弊害は、基本的に食べ物に困らない今では問題だけど、食べられない時代には十分意味のある大事業だったと思う。つくづく、そう思う。第三世界だって、とりあえずは、という留保つきで飢えから救える。

女性にして本格的な大河小説を描ける山崎豊子、女優・森光子、日清製粉の会長。この3人は自分の中では国民栄誉賞に値する。つまり、尊敬する日本人の3人だと思える。
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-14 11:42 | 社会

何ともやるせなく、切ない。

兄の妹殺しの事件。
事件の猟奇性のみに着目すると異常な事件に見えるけれど、殺されてしまった妹、殺した兄、ともどもの悩みや葛藤は今の時代十分ありがちで、よく分かる気がするのだ。

それだけに、何ともやるせなく、切ない。
年が離れていない兄弟で、20歳前後ということであれば、ライバル意識もあるし、心情としてそのような激情が生まれる余地もあるのだろうと。

その意味では了解不可な事件と違い、了解可能な事件であり、それがやるせないのだ。

選ばれしことによる苦しみ。選ばれていないと思い込んだが故の苦しみ。

ただ、今の世の中でキツイのは、なかなかそのような家庭の事情が外に向かって開かれていかないことなのだろう。

妹さんは外に向かって懸命に自分を開く努力の日々だったのだろう。兄はその妹を横に見ながら、開けない、だがどうあれ目標を前に足踏みせざるを得ない自分に苦しんでいただろう。
妹さんも苦しんでいたはずだ。だから余裕が無い故にキツイ言葉を投げかけたのだろうか。

やはり親が助けられなかったか、とも思うが、どうも第三者がいないと煮詰まるような家庭の環境。そういうものは、事件にはならなくとも、今や沢山の家族にあるように思う。

だから、何ともいえない気になるのだ。
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-10 11:44 | 社会

日本人的なもの云々を法的にどうとか

するというのは、非常に難しいことだと思う。
おそらく、現実的には対外問題だと思うが、教育基本法にしても、憲法にしても日本人の価値というとき、まずはそれは法案を作る人たちがその価値の規範を示さねばならないと思う。

それこそ、ファンタジックな「むら」があり、「むらおさ」、長老が治めるくにならば、通用する方法かもしれない。何故なら、そこには基本的にはほとんどプライバシーがない、村おさの姿かたちが示した長老会議の(しかも延々と長い)議論の果てに衆知一致の法として成立したろうから。

愛とか気概といった、上手い表現が無いから倫理的価値的規範といってみるが、そのような規範をいうなら、それをいう長、議員が自分の家庭の姿を天下に示し、「これである」というのを見せるべきだろう。

しかし、それは近代/現代国家では出来ない。育児・子育て・育った結果はプライバシーとして保護される。代議士であろうと。当たり前のことだ。

では、そのようなプライバシーの基盤に触れるようなものを憲法や基本法の基盤に現代入れる意味と価値は?

そのようなことを考えるのもけして無意味とは思えない。

本来、倫理学者とか道学者が語ることを法文にするには近代社会の一般大衆がどう合意するのか。
やはりそれは方法としては選挙しかないのだろうな。
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-09 11:45 | 社会

チャングム

NHKでやっていたチャングムの総集編を見た。
前から放映していたのを就寝前に映っていたのを一部見て、気になっている番組ではあった。

今回の総集編はかなりはしょっていると思うけど(それでも長時間だけど)、まさに大河ドラマというにふさわしい。
泣ける名作だった。

宮廷に関するラストの感慨も深い。
いや~。見てよかったです。
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-07 16:02 | 映画

ようこそ先輩

NHKの「ようこそ先輩」に偶然、ペシャワル会の中村哲医師が出ているのを見かけた。

アフガニスタンの現実に即して、水の重要性を大変シンプルに、そしてリアルに語り、子どもたちと用水路を探し、次の日には子どもたちに実際に用水路を作らせる。

参った。これほど実際的でリアルな授業は見たことが無かったし、また同時に十分に現実的な授業だと思った。

参った。いつもでたらめなことばかり考えているこのバーチャルな自分。

どうしても、「基本的な何か」を見失っている自分を考えてしまう。

むむむ。。。。
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-06 16:04 | 日々

正月早々

休みは無粋な日々を過ごす。
一応、昨日は初詣と友人宅への挨拶。
その後は本日に至って本二冊。
加藤紘一「テロルの真犯人」
上杉隆「小泉の勝利 メディアの敗北」。

ラジオで夜に「アクセス!」(これは非常に良かった)。

世紀末を叫んでいた時代は暗い時代でもあったが、同時に今ではありえぬほどにのどかにも思える。2000年問題など、当時も阿呆らしいと思ったが、本当に阿呆らしい騒ぎだった。
当時から自分の中にあったのは、19世紀の世紀末騒ぎは、実際にこの世の世紀末を見せたのは世紀があけてからであるということを感じていたからだった。
つまり、本当の世紀末の様相は20世紀が明けてからのまずは「第一次世界大戦」だった。

そして21世紀に硝煙の匂いが立ち昇ったのは、2001年だった。それから、急に中世に帰ったような、世紀末的様相が世界を覆う。(救いはイラク戦争に反対する欧州での巨大なデモ)。
ブッシュに相前後して誕生した日本の小泉政権。私にはこの5年がとんでもなく巨大で空虚な5年間だったように思える。精神的な浪費に立ち枯れしたような5年に。前も書いたが、最初の所信演説と、ハンセン病訴訟に対する政治的取り扱いまでは良かった。その後に射す冷酷非常の影がハッキリ明示されるのはブッシュが本性を見せた911以後だった。私は池田小学校の乱入事件に対するコメント辺りから危険な匂いを感じていたのだが。

正確に言おう。加藤の乱のあと、その騒動を鎮圧した小泉氏が森辞任後に総裁選に出馬する表明する頃、まだ自分の(派閥の長であるにせよ)一代議士時代のホームページを見た頃がある。「構造改革」「規制緩和」は加藤紘一の焼き直しをするのだと思ったし、当時日経新聞を日々賑わす近未来に向けてのメッセージだった。
ただ、加藤のホームページに比べ、小泉のホームページにあるQ&Aの無味乾燥さと、逡巡の無い簡単な答えはどこか当惑を覚えさせるものだった。ちょっと違和感を感じた。情の薄い感じ。甘えやすい性格の自分には突き放されたタイプの人格が感じられた。だが、しばらくはその強烈なキャラに魅了されなかったかといえば嘘になる。

改めて、この2冊の本を読んで、時代の空気の変わり目と小泉氏のキャラクターの一致する様相に深く深くため息が出る。

小泉氏のことをあしざまに言うわけではないが。当初から風貌として、私はセックスピストルズのジョニー・ロットンに良く似ているな、と思った。そこには矛盾した感情がある。世情に惑わされず、孤高に見渡す「トリック・スター」。そして同時にサイコパスのような要素があるのでは?という恐怖。

看護婦をやっていた母は、精神科勤めではないが、保健婦で養成学校たる衛生学院にいたせいもあり、いわゆるクレペリンの精神病質の風貌というのに詳しい。その直感から、このクレペリン説で小泉氏を評していたし、私も納得するところだった。気をつけねばならないのは、この風貌や体格的なものによる精神気質論(循環気質とか、分裂気質とか)はある種危険な体質論に転ずる可能性があることだ。だが、侮れないものを小泉氏の場合には感じてしまう。そう、どうしても。

小泉純一郎という人は、何が目的に生きている人なのだろう。何が喜びであり、何が怖れなのか。今では「寅さんファンクラブ第一号」「太宰治に焦がれた文学青年だったんです」と公言したがった小渕フォンの方が余程に人間らしく感じる。いじらしく、共感できるリーダーだ。
いつから、日本人はサイボーグのような機械的なリーダーが欲しくなったのだろうか。あるいは、もっと深く無意識のうちにくすぐられる何かがあったのか。

加藤紘一が自分と同年輩の老右翼の方法に何か語り合いたいものがある、と思うような抑圧された我々の中の何かが・・・?

加藤紘一は、常識的だ。常識的な、それゆえ極めて良質な保守的な人物だと改めて思った。本の真ん中あたりはこの本で書きたい肝を埋めるためにとりあえず筆を進めたような要素があり、論が薄い。最後の一種の古神道的思想論や、地域復活論は具体性にどうにも欠けそうだし、北海道や沖縄に当てはまらないところがある。(日本人論一般に常につきまとう説得力の欠落は、この「沖縄」と「北海道」の取り扱いだ)。

また、上杉隆の本は読ませていながら、結語は意外なまで簡単な白旗論と、すでに分かっているメディアのあり方論で新味は無い。もはや、「変わるところにしかない」ところまできているというところか。

けして反権力的な二人の本ではないし、反権力的でなければならないというわけでは全然無い。ただ、小泉純一郎という元首相の評価が、加藤紘一にしろ、どうにも完全に対象化できないところがありそうだということだ。(田中秀正もしかり)。

つまり、エリート層、インテリ層とも近くにいればいるほど、混乱する、そして魅力を感ずるのが小泉というキャラクターなのだろう。それはルールを知悉するものが、新しいルールを発明したものに対する驚きに近い感触を見る。

だが、一庶民としては、この非情の宰相により見事に21世紀の前半に経済・精神にぬぐえぬ禍根を残した気がして仕方がないのだ。これは立場の違いにもよるだろう。

同じことは米国にもいえるのではないか。

今日もラジオの「アクセス!」が興味深い。やはり年頭は時事総括と展望モノが好きなのは病気のようだ。
いずれにしても、私に風が吹くわけではないのだが。(風邪はひくかもしれないが)。
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-03 16:05 | 社会

2007年


年が明けた。
とはいえ、現実的に考えてみれば、展望が見えるわけではない。私が占いまじないその他を一切退けるのはそれなりに現実の重たさというのもある。
又同時に、現実の甘い部分を衝いて、そこに生きているということもある。(家族との同居)。

それでも、この打開できない状況を何とかしたいという甘い思いがないでもない。
だが、そのような衝動はずいぶん薄弱になってしまった。

若い人たちは多くの選択肢の前に懊悩しているだろう。羨ましくもあるが、それはそれで心理的に桐で揉まれるような辛さかもしれない。同情する。

私はすでに一般的な意味での人生コースから逸脱してしまっている。
そこから見える風景というのもある気がするし、同時に断崖の上にいながらそこにいないフリをしているようなものでもある。

「こう生きたくはない」という態度は弱い自分には結局のところ、道を踏み外すということであった。
生活できているというのは、そんな自分を丸ごと受け入れてくれる人がいた奇跡である。しかし、自分はそのことに恥じねばならない。否、恥じることを忘れてはならないというのが正確だ。

年収102万円以下のフリーターの人々をワーキング・プアというらしい。どこからそのような数字が出てくるのかはわからないが、おそらく生活保護水準とか、扶養控除の水準以下の収入の人たちを指すのだろう。
そのような人たちの中にどれだけのポテンシャルがあるのか、おおよそ想像がつく。

生活の方法論、価値観の変化に呑まれた人たちであり、実際の能力とは別なのだ。
社会は社会が求める形でしか見返りを与えない。
分かってはいることだが、釈然としない思いはいつまでも残る。

このままで事は難なく進むだろうか?
[PR]

by ripit-5 | 2007-01-01 16:07 | 日々