考えれば考えるほど(1)

年金の問題は酷い。
同時に、今の立法府では問題の解決は遠いと強く思う。
何故なら、与野党ともに参議院選の政争の具に使っているから。国民のためを思って、と本気で思っているとはとても思えない。

それにしても驚くべき2つの事実。基礎年金番号の突合せもれ、5千万人!(人口の半分)。そして、時効のため受給権を失った人の総額約950億円。
この950億円は一体、どこに消えたのか?誰も言わないし、問わない。。。話題の渦中の時期は余りワイワイ言いたくなかったが、もしかしたら、無駄な施設に使われてしまったのか?

国民年金制度は建前上、「社会連帯」を謳っている。昔のように子が親の老後の面倒を見ることが出来ない。それを社会全体で間接支援する。経済的には年金制度。身体的には介護保険。
だから、僕も懐が痛くとも両保険料は払っている。勤め先が社会保険料無いため。(ただ、親の家住まいで、食事や洗濯の世話を受けているのでもたれているのだが)。

もちろん、それは制度理念の半分で、多くの人にとって年金は自分の将来への関心だろう。サラリーマンが国民年金制度に詳しくないのは社会保険で会社を通して厚生年金保険料を払っているためだろう。大雑把に言えばそれも国民年金保険料の代替なのだが。

だが、この記帳漏れ問題が、皮肉にも厚生年金保険料支払者をも国民年金に関心を持たざるを得なくなった。

国民年金保険料は本人に負担能力がないと配偶者や世帯主が連帯納付しないといけないと知っている人はどれだけいるだろう。(国年法・88条)。だから、年金保険料の免除を受ける場合も基本的に「世帯単位」になっている。(同・90条)。
(ただし、学生納付特例・若年者納付猶予制度期間は除く)。
 また、実は国民年金は督促もでき、延滞金も徴収できるし、財産差押えさえも出来るのだ。(同・97条)。
さすがに、そこまでのことをやっている話は聞かないようだけど。。。
[PR]

by ripit-5 | 2007-05-31 21:16 | 社会

考えれば考えるほど(2)

僕の考えでは、今の政治屋では本来的に問題の解決は求め得ないと思う。与野党ともに実力者は国年保険料未納誤魔化しの過去のある者だし、本気で自分の問題にしている人がそんなにいるとは思えない。これが正直な気持ちだ。

するとこの問題を根っこから掘り起こすには?
これを国家賠償法で訴訟できないか?その対象にはならないのだろうか。。。?
「国又は公共団体の公権力の行使に当たる公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によって違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責任を負う」(国賠法1条1項)。

国家賠償の範囲は私経済作用以外のすべての行政作用についてその範囲となり、広く公益的な行政活動を含むと捉えられているし、行政指導のような非権力的行為も含まれるとされる。国民年金保険法における行政の行為は、督促や延滞金の徴収の条文もしっかりあることだし、立派に権力行為的法規だと思う。
 また、国賠法は行政の行為のみならず、不作為行為も含まれる。それに精神的損害も含まれるとされる。

政府が急遽、国民年金法102条の年金請求権5年時効廃棄を決めたのは、行政事件訴訟を起こされるのを恐れるためもあるのではないか。
だが、5年時効を廃棄したということは、過去の5年時効をタテに請求権を無視してきた社会保険庁の不作為行為を認めることにならないか。
それを不作為とするなら、やはり国家賠償の対象になるような気がするのだが。。。
問題は、「違法性」があるかどうか、か。。。

いずれにしても、この年金問題を根本から明らかにするには、一般の人たちが司法に向かって動き出す時の気がする。
その時は行政府の長である内閣は危ない、と思う。
[PR]

by ripit-5 | 2007-05-31 21:15 | 社会

なかなかに。。。(4)

この前書店で行政書士の過去問を見てそのレベルの高さに驚いた。それだけ忘却したのか。否、やはりレベルが上がっているのだと思う。民法などは判例を問う問題も多そうだ。民法の口語体化もあるのだろうか。一番の変化は会社法の位置が大きくなったことだろう。ビックバン以降の時代を反映しているのだな。

現状では9月上旬までは民法と商法・会社法意外は無理(労働法に手がつけられない)、憲法はある程度知識があるのでと思ったがその憲法もかなりハイレベル。今の首相が情緒的に憲法改正を叫ぶが、この問題記述を見る限り、硬性憲法たる日本国憲法に染み渡る条文以外の重要部分ー判例や学説の重みーをどう捉えているのか、と思う。政府の審議会等などに入りたがる意図を持つ専門家以外、法学に興味がある者には現状議論の乱暴さが故によくわかるはず。

それにしても、日差しのいい日もこれから一日休みになる土曜日と午後休み火曜日、午前休みの日曜日を篭らざるを得ないだろう。とほほ。

松岡大臣の自殺は強面イメージがあるだけにショックが強烈だったが、その後思いが二転三転する。というのは、同情気分から、本日緑ナントカいう機構に係わっていた人物も自殺したからだ。松岡氏の周囲の闇は思ったより深いのではないか。

任命権者たる首相の人選、その才覚に問題ありというしかない。身辺整理できている人間を入閣させよ。とはいえ、カネに汚くない現在の与党中枢人物などいるのかよ、という気持ちで興味が無かったのがこのところの事実。俺も考え方が汚れたものだ。

生活者としてはもう、社保庁はもうもう、どうしようもない。どうしようもないが、政治利用しようとする与党も野党もずるい気がする。手前らだって数多く年金保険料を払わずに来たくせに。

政争の具にされ、国民不在の年金問題の取り上げ方をしているように思え、どうも信用ならない。政治に緊張感が無かったツケは大きい。というよりも、内政がどうにもこうにもならないものだから、盛んに憲法改正だの、北朝鮮だの、教育問題だのと大きな観念問題の大風呂敷で避け逃げして参議院選を乗り切ろうとした反動だろう。

野党も官公労狙いをしてくることを察知して国民の生活問題に的を絞っているんだ。

雨の日に何とか地下鉄を避けて自転車に乗って、浮いたカネで450円のビューティフルサウスの4THアルバムを信頼できる中古レコ屋さんで購入することを考えるか、108円パンにするか、98円のにするか悩む方が普通の人間の常識に近いのか、わからないけどそんな気さえするのさ。

畜生、その450円だって来月の中旬までなんともならねぇなぁ。コンビニで傘を買うのもためらわれる。この前の風であっという間に潰されたもんなぁ。それにしても100円ショップはわれらがヒーローだ。

PS.
国民年金制度の今後については、私は基本的には、前から民主党が言っている福祉目的税化に賛成である。現状この4月で14100円の国年保険料を怠慢ではなく、払うだけの経済的余力がない層がおそらく国民の2割以上はいるはずだと思うからだ。また、今後終身雇用の崩壊で生涯国民年金加入者や、2号と1号、の出入りをする層が増えるはずだ。今国年保険料を40年払っても月額満額で6万7千円の受給額。とても生活できない。昔は自営業者は貯蓄を取り崩して、という理屈をこねたが、現実今後貯蓄などない世帯は増えるに決まっている。その際、40年キチンとあえいで払って生活保護世帯に転落する世帯が2割以上になる可能性もないといえない。国事を成り立たないと外敵緊張で埋め合わせしないのなら、社会保障制度を抜本的に考えるべきだ。高負担社会の北欧式が無理ならば、何故無理なのかを根本から考えてみるべき。僕らの意識変革の問題にもなる。物価が変わらないとすれば、最低でも月12万円は必要だろう。それが生保の最低生活保障レベルだ。文化的生活のレベルを抜いたところの。

現状維持が保守でもなかろう。
現状維持では内政はまず持たない。
[PR]

by ripit-5 | 2007-05-29 21:13 | 社会

なかなかに。。。(3)

一日休みの本日、篭りて行政法。
行政不服審査法と格闘。何とか終了。肩から上が異様な疲労感(苦笑)。
後は個別法規としての行政事件訴訟法、国家賠償法、行政手続法か。。。いやいや、行政手続法も長い法令だな。自分が試験を受けた十ン年前にあった法令だっけ?当時創設されたばかりかなんかだったかな?
後は地方自治法。この法令も長いんだ。だけど実際書士試験では基本的なことを1~2問というところなんだけどね。

しかし、今後のことや、かつ今の年齢になるとどれもほっとけない気分になるから困るんだよね。
まあ、余り無理するとこれから民法とかキツイから。メリハリつけるか。
でもメリハリつけようがないくらい今はめくらめっぽうだが。

ミランとリバプールの試合を見た。
インザーギ、なんだよなぁ。彼のスター性は今のサッカー界でもなかなか珍しい。ミランはカカ、マルディーニ、ネスタ、ピルロに代表される代々イタリアチームにしてはクールなイメージなんだけど、その中で泥臭さはガットゥーゾと双璧をなすインザーギ(笑)。大舞台にこそ発揮するあの泥臭いシュート。

ガッチャンもかすむほどのインザーギの決勝でした。でもMVPは間違いなくカカだね。おそらくパロンドールも?
[PR]

by ripit-5 | 2007-05-26 21:15 | 日々

山田太一ドラマスペシャル

帰宅したらやっていた「山田太一ドラマスペシャル・星ひとつの夜」。これは良かったなぁ!久しぶりにドラマを見て作品に強く感情移入して、最後まで見入ってしまった。

正直言って、今やテレビドラマに期待など何一つしていなかったのだが。特に民放のドラマは。

山田太一作品でも「岸辺のアルバム」以来の強い印象かもしれない。

無実の罪を背負いながらも、不倫関係の女性の冤罪なので、どこかで神の采配のように無実とは別に罪の意識に駈られて、でも人の温かさを率直に求める清掃員・渡辺謙。何十億の金を動かしながらも、生身の現実を生きている気がしない若い株のデイトレイダー。その息子を地道な生き方を忘れていると厳しい立場で見ている母一人でその子を育て上げた母・いしだあゆみ。

それぞれがそれぞれの正論というか、正しさを抱えて、哀しくも分かり合えぬ孤独。でも、それも勇気を持ってお互いに触れていくことでお互いの友情を結ぶ。いいねぇ。これ。本当に。

台詞もいい。
「本当のことは重たい」とか。
今忘れたけれど、お金に関する渡辺謙の金言とか。焦って使うな、ゆっくり使えばいいさ。とかね。。。

一人一人が正論を吐いてぶつかりあうのではなく、ゆるやかに優しさを滲ませながら、お互いの気持ちの痛いところに触れていく。この繊細さ。これがリアル。

いや、久しぶりにドラマとしてヒューマニックなリアルを見せてくれて気がする。
そもそもドラマだから日常を一歩は超えて感動を与えてくれなければね。
その一歩の上手さが忘れられている。
テレビドラマ業界はこのドラマを手本にしてほしいとさえ一瞬思ってしまった。
[PR]

by ripit-5 | 2007-05-25 21:16 | 日々

なかなかに。。。(2)

引き続き行政法のはなし。
先日書いたとおり、個別法とは別個の行政法の総論(?)って凄く抽象的。改めて思った。
で、またふと感じたんだけど、行政法の性質(?)を学ぶ部分って、どこか「刑法総則」と似ていないか?刑法総則って、早々に理解できないと判って諦めたので、単純に印象なんだけど。

それから、行政行為云々を学ぶと政治行為との関連がおぼろげに浮かぶ。抽象的な内容が新聞1面に載る所謂つまらない行政訴訟や行政の行為活動がほんの少しだけ興味が湧く。そうだよね、実際に日常的に政治行為を行っているのは内閣に従属する行政なのだから。

労働基準法はやっと1年単位の変形労働時間制を学修しえたところ。正直、一体具体的にどんな会社がこの変型労働を採用しているのかはイメージが湧かない。ただ、通信教材の解説は親切。ひとつひとつの要件を丹念に記憶すれば理解できるだろうが、その丹念さに欠けるのが自分の課題。

朝のバイト先の主任の独裁政治は続く。一番メタレベルにいるべき現場のトップが一番冷静さを欠いて指導に一貫性を欠き、無意識の自己防衛のために周りに当り散らす危うい状態。受忍できる限界はどこか。そのような状態だ。その時がきたら、自分も自分だけの不利益には絶対にしないつもり。

それにしても、出入りの業者にも同じ調子で怒鳴り散らすとは。流石に驚いた。ちんぴらくずれかい。65前にして、何たる幼児性!これで立派な給料をもらうのは流石に不公平というべきもの。
[PR]

by ripit-5 | 2007-05-24 21:18 | 日々

なかなかに。。。

大変であります。記憶の詰め込み作業。
今日みたいな五月晴れの日は凄く不自然なことをしている気になる。

労働基準法は一番面倒な変形労働時間制にやっと入ったところ。特に、1年単位の変形労働時間制は難解中の難解だ。これはちと日を置いてから。ただ、マンパワーの通信教材は良い。解説もわかりやすい。

対して、行政書士の通信テキストは失敗!こちらもマンパワーのにしておけば良かった!費用も約1万円ほど安いし。受講期間も行政書士試験に合わせて9月までというのも不親切。おまけに再受験や再記憶用のハイクラス用と言うのにしたのが失敗。解説は不親切で、難解。
そもそも行政法は、個別の紛争手続法と情報公開法等々が個別にあるだけで、後は行政法というものが概念法規なのでやたらに抽象的。参ります、こりゃ。
おまけに商品代引で購入したのがこれも失敗。本来通信物を受け取ってから代金郵便振替にしておけばよかったのだ。クーリングオフも出来たのだから。アマゾン気分でネットで申し込んだのが失敗だった。
仕方が無いので、同じ会社のテキストを購入して補充教材にしているが。

それよりもっと問題は来月以降、7月提出科目だな。僕にとってもっとも苦手な労働安全衛生法、書士の方はこれまた苦手な民法だ。どうなることやら。
マンガ、「カバチタレ!」はこんな時、現実に法がどう生かされうるのか考える別の意味での良いテキストになる。というか、こちらで勇気付けられるというか。

まぁ、こんな感じで煮詰まったらストレス解消とか愚痴を書きます。
よって、楽しい時はカキコミはないと。まぁ、楽しい日など実際はそうそうまずないものだが。
[PR]

by ripit-5 | 2007-05-22 21:19 | 日々