<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雑談(3)

A 「いよいよ今日の深夜と言うか、明日の早朝だ」
B 「ヒディングだけどさ」
A 「そうそう、まだワールドカップがあるんだよね。考えてみれば。つまり2年後。まだヒディングは監督を続けるだろうし、トルコだってミラクル・ターキー。それにクロアチア。あのモドリッチ。そしてあの監督も若くて熱血漢で、でも勝者を称える素敵なメンタリティがある。このベスト8以降を盛り上げた三国は次のワールドカップが楽しみ」
B 「とにかく、短期決戦は勝つことのメンタリティとか、勢いが如何に大事かということを教わるね」
A 「今後、新しい力が必要だとハッキリしたのがフランス、そして残念だったチェコとスウェーデンかな」
B 「チェコのコレルも2年後は辛いだろうし、フランスは大きな戦力変更を余儀なくされるんだろうね。ある面ではイタリアもそういう側面がないとはいえないだろう。スウェーデンはラーションの代表復帰、大黒柱としてズラタンを支え、チームを支えた美談があるけどもう今度は流石に無理」
A 「そうだね。リュングベリの獅子奮迅の活躍も見てて熱くなるけど、スウェーデンは今後は厳しいね」
B 「それより、このナショナルチームの本気の戦いはクラブチームの監督や首脳はハラハラだろうね。怪我人も出てるし。ベスト8で怪我したニハトはビジャレアルに治療で帰ったみたいだし。そういうクラブチームでの柱の怪我が怖いはずだよ」
A 「スペインのビジャも怪我をしたし。ただ、決勝にはベンチで試合を見守るつもりらしい」
B 「ドイツもバラックの足の具合が」
A 「出れなかったらドイツは苦しい。やはりドイツは精神的な支柱が誰かいた上での常勝のメンタルという気がするし、また常にいた気がするからね」
B 「その意味だと、闘志をむき出しにするシュバイツタイガーがそういうタイプかな」
A 「見るからに人相が(笑)。ポドルスキーもそんなところがあるね(笑)。やんちゃっぽいところ」
B 「でも、生誕の地であるポーランドに2得点したときは喜びを表さなかった。純粋な人だと思う」
A 「同じくポーランド出身のクローゼと上手くコンビを組めるのもあるだろうね。クローゼはハンターに見えない」
B 「泣き顔で(笑)。でも、クローゼって母国からドイツに亡命するときにかなり大人の世界の大変なところを見ているという話をどこかで読んだよ」
A 「なるほど、どこか思慮深い雰囲気があるのはそのせいかな」
B 「まあ、年齢もあるんじゃないかな。クローゼだって日韓ワールドカップの時は前転なんかやって若さを爆発させてたし」
A 「今回はドイツのワールドカップの時にビックリさせられた足技もなく、跳躍力のあるヘッドの得点のみだけど。ポドルスキーの成長が著しいね」
B 「ビジャもそうだけど、フォワード、点取るキーパーソンはやっぱエキセントリックな目してるよな」
A 「そ~れは、問題発言。トーレスの甘いマスクはどうなる?といってもずいぶんたくましくなったけど」
B 「そういえば、スペインの話が少ないじゃないか」
A 「だから、セスク!彼の働きが今日の深夜、世界を震わせるか。あるいは何にもありませんでした、になるのか」
B 「これも問題発言的予言だ」
A 「もっと大事な話はきちんと改めます。ちょっと話の筋がまた変わると思うんだ。いいかなー。悪いけど」
B 「う~ん。これも問題発言だけど、まあいいだろう」
[PR]

by ripit-5 | 2008-06-29 22:31 | スポーツ観戦

雑談(2)

A 「ふあ~。いよいよユーロも決勝かぁ」
B 「あくびしてます(笑)」
A 「流石に疲れがきていますw。しかし、スペインは楽しくやっていたなぁ」
B「 ヒディングマジックおきず。だが、トルコのほうは頑張ったなぁ」
A 「本当、これは下手したらトルコとロシアの決勝かい?と思うほどだったけど。ロシアはスペインとの初戦のイメージから抜けられなかったかなぁ」
B 「満足感も生まれたんじゃないの?」
A 「かもねぇ。これ以上は生み出せなかったってところか。。。」
B 「結果的には面白い組み合わせの頂上決戦になったじゃない」
A 「だね」
B 「で?」
A 「で??」
B 「いや、つづき」
A 「うい~。面倒~」
B 「oi<`~´>!」
A 「どうしようかなぁ。まず裁判員制度の絡みと、その方向性の話から」
B 「ドウゾ!」
A 「いや、軽くなれる話じゃないし。そう簡単にまとめられる話じゃないから。ちょっと待ってね」
B 「ということは、ユーロが終わってから?」
A 「可能性は限定は出来ずです」
B 「しかし、何様のつもり?」
A 「とりあえず、セスクには注目しよう~!」
[PR]

by ripit-5 | 2008-06-28 06:14 | 社会

雑談(1)

A 「むむ、う~」
B 「何だ、しかめつらしい顔でうなったりして」
A 「いや~、ユーロのクオーター・ファイナルの試合がテンション高すぎて。すっげえ疲労感があるんだよ」
B「ああ~」
A 「手に汗握ると思わない?」
B 「番狂わせが多かったしなぁ」
A 「ゲームの入り方が違うし。ナショナルチームとなるとモチベーションが違うんだなー。率直に思ったよ。スター選手とか、もうこの段階になると余り関係がなくなると思わない?最初のドイツ、ポルトガル辺りまでは分かりやすかったんだよ。さすがドイツはバラックの存在感がでかい、とか。ポルトガルはロナウドやデコを封じ込めればいけるんだな、とか。でも、クロアチアとトルコ戦以後はそういう次元が超えている感じあるんだよねぇ」
B 「ロシア、スピード感があったねぇ。オランダのお株を奪って面白かったよ」
A 「そうそう、本当にロシアは予想がつかないという意味での典型だったね。いや~。しかも前大会のギリシャみたいにデフェンシブに戦い、カウンターで勝つ、というチームではないよね。サイドを積極的に攻略するどちらかといえばオフェンシブなチームだね」
B 「運動量が凄いんだよな」
A 「ヒディングってそういうモチベーションを与えられるのは何でだろうか?って思うよ。驚異の韓国、そして前回ワールドカップのオーストラリア。やるのは選手だけど、勝つための飽くことなき運動量というのはナショナルチームとしての一体感とか、やることの意味の統一性がきっと凄く巧く徹底されているからだと思うのよ。ヒディングは特にナショナルチームを率いる時の能力が図抜けていること、今回で完全に証明されているね」
B 「日本の監督に欲しい(笑)」
A 「さあ、それなんだよね。ヒディングに対しては多くの国で監督を何とか、ってオファーは引く手あまただったと思うんだ。だけど、その国を率いたいという国の選定が彼の頭の中にまたあると思うんだ。で見たところ、サッカーの新興国だけどまったくあてにならない国でもない。なぜ韓国でオーストラリアでロシアなのか。きっと彼の頭にビジョンがあるはずだね。おそらくナショナルチームとしての一体感にかかわる何かだと思うんだけど」
B 「今の日本は違うか」
A 「何か違うんじゃないかと思っていると、思うんだよね」
B 「何となくわかる気がするな。その背景を分析するとやっかいそうだけど」
A 「うん。でもこのところの世相を見ているとヨーロッパのサッカーに目を奪われている場合なのかと言う気もして」
B 「お?かー、高飛車な。世相の前にお前の足元を見ろよ」
A 「まぁ、そう腰を折らないで。やっぱりぼんやり大きなことを考えるんだよ。分かりにくい話になっちゃうけど、一つはどうしても考える基盤が裁判員制度とかに繋がる部分とグローバライゼーションのことなんだけど」
B 「飛躍っぽいなぁ。わかんない。どういう話?」
A 「一つはやっぱりどうしても秋葉原での無差別殺傷のことと、先の死刑執行のことで」
B 「ああ、宮崎勤のことね。執行の話というのは。法務大臣の発言も取りざたされたっけね」
A 「ベルトコンベアーのように、という発言ね。論理の中に法務大臣の職責にかかわるものがあるのかもしれないけど、やはり出てくる言葉に内省の重さを感じさせないね。
それから宮崎被告についてはやっぱり今の時期ということをどうしても思うね」
B 「いわば見せしめ効果狙い?」
A 「う~む。だから逆になぜ今か?という疑問も湧くんだよなぁ。余りにも分かりやすいから。ただ、今回の秋葉原事件は想像が大きく二つ働くんだよ。一つは今の派遣労働の問題。もう一つは彼の生育歴。そして付随的に云えば携帯、ネット社会環境ということになるけど」
B 「派遣労働者の組合はあの事件を持って派遣労働者に対する色めがねが社会に蔓延することは困る、大半の派遣社員は真面目に働いているんだから、って言ってる」
A 「え!そうなの?それは知らなかった。俺はてっきり真逆で。派遣労働をこの事件を契機に見直そう、っていう動きなのかと思っていた。非正規雇用から正規雇用と言う正常な状態にさぁ。これを奇貨として。で、結論的には俺はこの事件は被疑者の生育歴上のことが本質的だと思っているから本当は違うんじゃないかと思ってるところがあって。でも非正規雇用の若い人へのダメージはもうすでに相当大きいし、事件の引き金の一つには違いないだろうから、やはり事件を奇貨として社会的な見直しが起きればいいなと。そしてそれは労働問題のある局面だけのことだと思っていないから。すなわち、背景には経済のグローバリズムがあると思っているから」
B 「ふ~む、なるほど。何かいいたいことが少し分かってきたけど。確かにデカイ問題だが。それに確かにまだぼんやりしているところがあるな。もう少し、そこのところ詰めて話してくれないか」
A 「ああ、ゴメン、ゴメン。少し休もうか。喋りなれないから喉も渇いたし、頭も沸騰ぎみ(笑)。コーヒーでもいれるから、少しゆっくりして改めようか」
B 「了解」
A 「このまま寝ちゃったりして(笑)」
[PR]

by ripit-5 | 2008-06-23 22:27 | 日々

このところ。。。

サッカー欧州選手権を見ているもので、なかなかブログを書けていません。
感じること、考えさせられることはあるのですが。
改めてまとまったときに、個別に少しずつ書いていくつもりです。
[PR]

by ripit-5 | 2008-06-19 22:42 | 日々

EURO2008など。

ユーロの試合、すべてというわけには行きませんが、結構見ています。
オランダとイタリアの試合にはびっくりしました。なんとテンションの高い。
僕が知らないでいたスナイデルとかファンデルファールトなどの選手が中盤で自由に動いてはゴール前の機会を捕えるオランダ。確かワールドカップではメンバーから外れていたファンニステルローイが存在感十分だし、かつ守備意識も高く、見事なカウンターサッカーもやれる。あのワールドカップと同じチームなのかと思うほど。ピルロが見たことがないほどの汗をかいている激しい試合だったが、イタリアは完敗だった。自分たちのお株を奪うようなサッカーをやられて。

スペインは華麗だが、先のワールドカップ予選で観た得点量産試合があり、その後見事に沈没したので、今のところは保留にしておこう。だが、ビジャとフェルナンド・トーレス。今回のこの二人は本物に思える。

ギリシャとスウェーデンの試合は感動した。ギリシャは圧倒的なスウェーデンサポーター観衆の中で前半圧倒的にカウンター狙いの守備的サッカーをブーイングものともせず、やり続けた。その組織的なブレなさは「チーム」としての共通理解があることを十分認識させてくれた。
 その膠着を破ったのはイブラヒモビッチの目の覚めるようなスーパーゴール!あれが1得点以上のダメージをギリシャに与えたと思う。気まぐれ屋の天才・ズラタンのスーパーゴールが現実主義を突き破った一瞬に何かがうずいた。僕はそれ以上に偉大なるベテラン・ラーションの代表への復帰とスウェーデンチームへの大献身に理由にならない感動を感じ続けたのでした。
d0134515_2159401.jpg

[PR]

by ripit-5 | 2008-06-11 21:49 | スポーツ観戦

夜のニュースから

・最高裁にて日本国籍を取得できない少女、違憲判決。すがすがしい顔の少女の顔が美しい。率直に。勝利とか敗北とかいう言葉は好きではないが、このような形の勝利の顔は本当に生き生きとした美しさ。さすれば、人間の顔の美しさとは「生き生きしていること」?
 それにしても、胎児段階の日本人男性の認知であれば国籍要件が認められ、生まれた後の認知では認められないとは。法律とは不合理なもの。(後段の話につながりあり)。

・オバマ氏とうとう民主党からの実質、大統領候補に。頑張ってもらいたいなぁ本当に。
確かに確実にカリスマ性がある。であるが、やはりこの人の著作を読んで感銘を受けたことを僕は強調したいです。ライフログにも「合衆国再生」を入れているのはアタクシ一人。ちと淋し。

・ボ・ディドリー、死亡。あの独特のジャングルビートですな。R&Bの偉大な功労者。というか、やはり逆の面で。
 どうしてもボ・ディドリーやマディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフやジョン・リー・フッカーを演奏した英国人のグループーすなわち、ローリング・ストーンズの慧眼とブルース、リズム&ブルースの普及の功績を思ってしまったな。「ノット・ファイド・アウェイ」がてっきりボ・ディドリーの曲かと思っていたら、バディ・ホリーの曲だったと言うのにはちょっと驚いたことがあったんだけど、バディがボ・ディドリーの影響で作ったんだよね。

・今日のニュースじゃないけど、新しい「SIGHT」。年金特集はこれは慧眼、慧眼!フォーカスを当てるポイントも見事。編集の兵庫氏、宮嵜氏がロッキン・オン誌の編集委員だったので思い込みで今ひとつ信用していなかったのは当方大きな勘違い。年金制度の勉強もよくしているし、着眼も鋭い。おみそれしていました。本当に。

にしても、「昔軍隊」、「今厚労省(というか、厚生省)」だったのか。。。
オレは騙されていたよ。。。人が良すぎらぁ。
[PR]

by ripit-5 | 2008-06-04 22:02 | 社会