この一年

 この12月から「朝日ニュースター」というニュース専門局を聴取している。この局は非常に質が高く、見甲斐がある。
 この時期、やはりこの1年を振り返る番組が増える。ニュース専門局とはいえ、ニュースを切り口に論評や討論をする番組が多数で、地上波民放はもちろん、NHKでもなかなか云えない所まで踏み込むところがいい。ニュース専門局と言うより、ニュースを素材に社会を考える、「ジャーナリズム専門局」、というほうが正確かもしれない。

 さて、今日はNHKでも今年を振り返る毎年のニュースこの1年をやった。1年のレンジが事件の多さゆえに忘れていることが非常に多いだけに、このニュースでふり返る1年は貴重。
 なのだが、今年は若い女性アシスタントや言葉は悪いが甘いゲストによるトークの時間を増やし、例年のようにただニュースを編集し、流し続けるオーソドックスなスタイルを捨ててしまった。
 NHKはおもねらなくていいと思うのだ。何もかもが分かりやすくていいのかな?

 それはともかく、凶悪事件に関する今年の人々の微妙な変化が何となく感じる1年だった。秋葉原の無差別殺人、厚生省事務次官連続殺傷事件は20年前だったら加害者に轟々たる敵意が世間でむき出しなったと思う。
 それは、アキバ事件と同時期に死刑になった連続幼女殺人の宮崎勤への世間の反応との違いで明らかだ。

 だが、今年の加藤容疑者。そして犯罪動機に「これは年金テロではない」と宣言し、理解不能な理由を語る事務次官殺傷の小泉容疑者に関しては特に、事件が起きた直後はネットでの反応は「殺傷は良くないけれども」という留保つきながら、「事務次官、狙われてもやむなし」のネット世論が瞬時沸いたのがなんとも「気になる」ところだった。

 多くの人の中で常識的に云えば、個人の精神の逸脱に違いないと客観的に理解できる事件にも社会的な意味を汲み取っているようだ。自分にはそれが気になる。

 この年末は多くの派遣切りされた人々の悲しい後姿が映し出された。おそらく多かれ少なかれ、どこかで人は意識している。今は個人の理由無き、もとい、理由とその行為の間の飛躍がズレている事件でさえ、社会的文脈で捉えてしまう自分が居ると言うことを。

 来年、願わくば暴動が起きているギリシャのような映像が日本から流れないことを!
 ここから先は政治の責任だ。

 また、どんなに今の政治家に呆れさせられても、それ以上に非道な企業経営者の姿が顕わになったのも今年の特徴であった。
***************************************************

来年はみんな分かりやすい切り口で物を見るのをよそう。

 メディアが流布する言説の分かりやすい切り口を疑おう。そして、その逆にネットに多い何事にもウラがあるというウラあり言論も疑ったほうがいい。
 とても高度なメディアリテラシーが求められるような状況。
 それは個人のブログに対しても求められること。

 発信は自分にも責任があることなので、自分にも問題の責任がたびたびあるかもしれないことを気をつけたいと思うけれど。
 
[PR]

by ripit-5 | 2008-12-30 21:36 | 日々

12月29日

 クリスマスが終わった26日から暴風雪になり、厳しい冬が突然やってきた。
 今日は割りと穏やかな日和。
 午前中は部屋の大掃除。とはいっても、もはやどこをどう処理したらよいか分からないほどモノがあふれてしまっているのだが。
 
 Penelopesというバンドユニットのリーダーでインディ・レーベルのオーナでもある神戸のwatanabeさんのレーベルによるコンビレーションCDが届く。これからゆっくりと聴くつもり。
d0134515_11283048.jpg


 基本的にインディのミュージシャンやバンドが中心ながら(とはいえ、今や多くのミュージシャンがインディペンデンスになっている時代であるのは、MySpaceを覗いていてわかることだけど)、これだけ本格的な洋楽ポップ/ロックオムニバスを製作する、オーガナイズするのが日本の人であるということが、まさにグローバルな時代が実質的なものになっていることを実感する。グローバルな時代のポジティヴな側面。それにしてもセンスが良いジャケットだ。
http://penelopes.exblog.jp/

 午後、なじみの中古レコード屋さんに行っていらないCDを処分。800円。売れたオカネで1枚CDを購入。
 帰りは年内最後ということで、ビッグ・イシューを販売所の人から購入。もう冊子も数冊部になっていた。早く完売になればいいね。

 その後、札幌に今月の20日にオープンしたジュンク堂札幌店に初めて立ち寄り、季刊誌「SIGHT」を購入。まだ店内全体は見ていない。これから徐々にだ。本屋に立ち寄るとつい衝動買いしたくなる。それが怖い。

 その後、気にかかっていた献血をすませる。13年ぶりだったらしい。(データ管理している赤十字の人の方が知っていた。)自分ではそんなに間隔が開いていたとは思わなかったが。
 血を採るまでの儀式的な雰囲気にちょっと緊張してしまった(苦笑)。さすがに400ml抜くと気力も何となくふわふわした感じ。まぁ、日頃からそんな調子なのだが。w

 年内はほぼ勘案処理はこんな感じか。そうそう、明日は髪を切りに行かねば。
 趣味的には、年内に注文したロイ・ハーパーのCDが届くかどうかだな。この寒い中、本当に宅配の人はご苦労さまといいたい。
[PR]

by ripit-5 | 2008-12-29 16:45 | 日々

クリスマス

 クリスマスはキリストの生誕とは関係がない。砂漠で生まれたユダヤキリスト教は本来クリスマスにおなじみのモミの木など当然生えっこない、そもそも緑とは無縁のな土地で生まれたものだ。ツリーの木は緑深い欧州の針葉樹だ。先日、フィンランドからトナカイにのってサンタの格好をした人がラップランドの谷から降りていく風景をテレビで見た。雪に埋もれたその風景はまさにホワイトクリスマスそのものだ。

 日本人はキリスト教徒でもないのにクリスマスを過剰に祝う、とよく非難(?)される。だが、おそらく日本人にとってクリスマスはキリスト教とは無関係なものだと思われる。大胆にいうなら、クリスマスはイエスキリストを称えるものじゃない。子どもにとってのサンタクロースの存在こそが重要なのではないか。
 イブの夜、良い子にして眠っているとその眠っている間にどこからか(昔は煙突から入ると云われたけど)サンタクロースが現れ、枕元にプレゼントが置かれる。その子どもの幻想、「夢」こそが重要だ。

 幼い子どもは沢山の幻想を持っている。昼の現実はオトナはもちろん、子どもにとっても結構厳しい。長く生きた大人は現実原則に触れる時間が長いせいで自分なりの現実処世を見につけるが、幼い子どもにとっては「現実」の体験は馴れぬ新しいことが多く、大人にとっては小さな課題でもむしろそのストレスは大人の倍はあるかもしれない。それを表現する力がまだないだけに気づかれぬことが多い分、なおさらだ。
 だが、子どもが驚く程の強さを発揮するのは「ファンタジーを生きる力」だ。たとえば、それは自分自身が作り上げる空想のストーリーの中に生きる時間であり、子供向けのファンタジーなどを読む中で、その中に入って生きる力である。

 ぼくだって、たとえば幼い頃に文学好きな子どもにはとてもかなわないにしろ、イロイロな物語、例えば「マッチ売りの少女」を呼んで心底切なくなったり、「雪の女王」を読んで怖くなったり、「彦一とんち話」を読んで爽快になったりして、自分の中にある現実以外の世界、夢の世界に遊ぶことで、また時には現実と空想が入り混じりつつ生きたはずなのだ。だが、子どもの空想の世界は大人の働きで成り立っているこの現実世界において、当然ながらその多くが受け入れられるわけではない。

 その中にあって、クリスマスの”良い子にしてしていれば、クリスマスにプレゼントが届く”という神話は社会全体で共有された神話なのである。大人の世界が公認する「夢の時」である。
 だから、幼い子どもはクリスマスにサンタクロースがやってくることを真実と信じて、良い子で居ようとしてワクワクしながらその日の夜、眠りにつく。

 いつ頃から子どもがクリスマスのサンタの正体が両親であると気づくのか興味深いところだけど、分からない。個人差もあるかもしれない。信州の田舎に住む僕の甥っ子たちはのどかで、小学校の上級生になるまでまだサンタは居ると信じていたらしい(笑)。そんな彼らも来年に上は大学生、下は高校生になる。

 クリスマスとサンタクロースを考えるとき、僕はいつも人間の良心や理想、人との分かち合い、ギフト、愛情という言葉たちを連想してしまう。
 それは偽善的な意味ではなく、戦後の僕ら日本人にとって「サンタが来る時」、そして実際に「サンタが来た事実」が、僕らの希望や理想、その多くは平凡な人間にとっては挫折せざるを得ないものばかりであるかもしれないにせよ、それでも可能性というものを信じられたり、また事実、多少の修正があっても、その一端が達成されたりすることが信じられる力とつながっている気がするのだ。

 サンタクロースは1年に1回の僕らにとっての小さな神さま。そんな気がする。またもう一点つけ加えるなら、ギフトを受けたものはこんどは人にギフトしたいという欲望を持つようになる。計算のないギフトを。ギフトの本質はその贈り物の「物」ではなく、愛情なのだから。

 だから大人にとってもクリスマスは重要なのだ。子どもに、恋人に、友人に、あるいはもっと見知らぬ誰かに。サンタからの贈り物は、順番として次に自分がサンタになりたいという象徴をおいていくのだ。
 そう考えても良いのかもしれない。


[PR]

by ripit-5 | 2008-12-23 22:12 | 日々

トリクルダウン効果に頼る社会福祉政策

 昨日の講演に補足してずっと考えていました。
 それは湯浅さんがいっていた日本の政治が社会政策を立てる際に浸透している「トリクルダウン効果」というもの。その「トリクルダウン」とはなにか。ウィキペディアによると。
トリクルダウン理論(trickle-down theory)とは、富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が浸透(トリクルダウン)するという経済理論あるいは経済思想である。「金持ちを儲けさせれば貧乏人もおこぼれに与れる」ということから、「おこぼれ経済」とも通称される。


 というものらしい。昨日のシンポでも語っていた、まず緊急社会政策というときに、国民一人一人に直接投資をするという発想がなく、まず企業に補助金を出す発想をする。たとえば、一人の内定取り消し者を採用するのに、また新規採用を渋る中小企業に、一人採用すれば100万円の補助金をつけよう、などとする。
 このように、社会政策が「企業福祉」を中心とした発想から抜けない。一人の人に直接お金を渡し、そこで自立自活する制度があればまず個別の人間が救済されるし、自立した個人が自分で仕事を生み出すかもしれない。そこから新しいクリエーティヴな仕事も生み出されるかもしれない。
 なぜそれが出来ないかといえば、やはり日本の官僚や政治家にそのような「企業からの間接投資」の思想しかなく、「個人への直接投資」というスキルやノウハウを持っていないことに起因するのかもしれない。

 僕の考えでいえば、「習慣から抜けられない」ということでもあろうかと。

 だからこそ、北欧のことが頭に浮かんだし、また、北欧は北欧なりの文化の蓄積のうえに成り立つ社会保障政策なのかなぁ?と思ったのだった
 日本が企業内福祉や企業別労働組合中心主義になったのは日本の長い家父長制の残滓にまで関係するのかどうかは分からない。

 ただ、組合に関しては明治時代には産業別組合があったようだ。印刷工組合とか、鉄工組合とか。しかし、近代化の進展と、当時だんだん強くなってきた社会主義や無政府主義の思想に政府が危険を感じ、治安警察法や、その後の戦争における国家総動員法などで、事実上組合運動は壊滅した。

 戦後、GHQの力で労働三法が出来て、労働基準法によって、また憲法25条によって労働基本権と生存権が守られる仕組みになったわけだけど、元々大衆の望みで生み出されたわけじゃない。敗戦後に占領軍から提示されたもの。
 基本的に長く続いた保守政権政治の成功体験もあり、新しい社会保障政策にシフト出来ない精神構造が社会全体にあるんじゃないかな。強い日米関係で米国が80年以後長く共和党の保守的な政治が続いていたせいもあるし。

 そういうことを考えていました。なかなかヨーロッパ的な発想が根付かないのは別に北欧が人口が少ないからというだけの理由じゃないものがあるんじゃないか?って気がしてならないのです。
[PR]

by ripit-5 | 2008-12-13 22:37 | 湯浅誠

「反貧困と市民社会」シンポ

 湯浅誠さんや山口二郎氏、中島岳志氏らの集う北大のシンポ、聴いてきて帰ってきたところです。う~む。会場が大学の教室というのは厳しいものがあったな。やはり関心が高い以上、北大にも一般のシンポに向くエルム会館とかクラーク会館といった会場があるのでそちらを使って欲しかった。平日の午後4時半ということで、学生や先生連が中心になると思ったのかな?そんなことはなかったですよ。

 基調講演を湯浅さんが行ったのだけど、やはりこのシンポも僕らの心情を打った意味では湯浅誠さんが一番の主役であると率直に思いました。司会の方の話で湯浅氏を活動家であり理論家、と評していましたが、まさにその通り。眉根を吊り上げた活動家のイメージと違い、冷静に貧困実体の理論として斬新で納得できる筋道を作った功績は大きいですし、これからもこの人の活動は大げさでなく日本のためになってくれると思います。山口二郎さんのような人の場合、やはり天下国家の論理にずっとかかわりが長くて、大きな政策理論に引っ張られて、ビビットな湯浅さんの目に比べると少し学者的かな。「虫の目と鳥の目」を両方を持っているというのがどれだけ大変なことで説得力あることかと思いましたよ。

 だけど、湯浅さんの話を聞いていると本当に大変だ。湯浅さんのような活動家の立場からは今の状況は悠長じゃないということだ。リアルな話、今年は役所が28日ではなく26日で終わるし、年明けは4日ではなく5日。その年末年始がホームレスに転落しかかっている人、派遣や期間社員の人にとって非常に危ない時期だという話だ。ゆえに、26日まで何とか公的扶助の申請を間に合わせられるよう、緊急ホットラインも使って対応するという。まして今年は報道どおり、大量のリストラが年内にすでに予定されているので緊急度が極めて高い。ホットラインで対応しても全体の1割くらいしか助けられないと思う、と経験則に照らして語られていた。
 そこで政治の出番だけれども、今回は意外なほど対応が早いので少々驚いていると語っていました。例えば雇用促進住宅。廃止の方向だったけれど、「住居喪失離職者入居支援」という名目で使える雇用促進住宅は入居させる。そして雇用保険の1年以上の入職要件を半年にする。受給期間も広げる。これらの制度は今までであれば悠長に構えるのが政治だが、かなり早いスピードでやろうとしている。財務省の厳しさも少し緩んでいるようで、厚労行政の人たちも動き易くなっているようだ、と話していた。それが政治の人気取りでもあるだろうけど、同時に政治の側の危機感も感じている、との話であった。う~む、その伝が正しければ、午前中の僕の思いも多少の早とちりがあるかもしれない。(苦笑)。

 後は非正規社員と正社員の認識のギャップ問題だけど、そこはぜひ湯浅さんの「反貧困」を読んで欲しいし、シンポでも全体の共通認識になっていたと思うけど、もう正規と非正規の人の関係は精神論での溝は作れない。こっちとあっちはもう地続きで、すなわちリーマンショック以降の世界を見て分かるとおり、社会構造上の問題であるのがはっきりしてきたわけだ。

 宮本先生という人が云っていたけど、40:30:30という定義?があるそうな。つまり40%の安定職、30%の不安定職、30%の年金受給者という社会がこれからの先進国の共通項になるような。だから40%の人が30%の人をどう見るか。それをなりたくないものとして排除するのか、あるいは逆に明日のわが身として連帯の可能性を内側に認めるか。
 そんな感じのことも語っていた気がします。

 最後に少々の時間会場に質問票を配ってそこで質問を受け付けるとのことで、質問を書いている間に湯浅さんが貴重なことを語っていた気がする。質問をまとめていたのできちんと聞かなかったのが残念だけど、確か社会的な声を挙げる表現の方法の伝承がすごく難しくなってきていないか。沈黙をしている社会は好きなようにやられますよ、みたいなことを言っていたと思う。

 質問は幸い自分が書いたものが読まれた。「北欧のような社民主義を参照する知的な蓄積は日本人にあるはずなのに、なぜそこから遠いのか。また、今回のサブプライムショックで北欧の社民主義は継続可能でしょうか」と書きました。
 シンポジストは難しい質問だなぁと云ってまして、特に難しいと思ったのは後半の質問に関してかもしれません。山口教授が「日本は財務省が赤字をこれ以上出したくないというのがありまして」しかし「やはり市民の税負担がポイントになるんじゃないですか」といっていた。山口さんが元々税はもっと負担すべきと思っているのは知っているので耳新しくはないのだけれど、実は本当に質問として聴きたかったところは、質問を読まれた際にははぶかれたのだけど、「アメリカ型の政治に寄り過ぎたせいではありませんか?」という点と、もう一つ。何だかんだいっても日本人の知的レベルは高いはず。センター試験を見ても分かるとおり。また何だかんだ云っても、真面目で勤勉な国民性だとも思う。本当に。僕なんかはその点において本当につくづく怠け者だという自覚があるし。でも、なぜ社会システムについては関心が低いのかなぁ?って。素朴に思うのです。何故社会について語られることがないのかなぁ?って。そういうことなのです。これは自分自身の日常を含めてですね。自問自答に近いことです。つまり空気を感じ、空気に弱い。その弱さについて、僕は特に弱いという自覚がある。
 でも、日本人の知的センスがあれば、もう少し社会的な仕組みのあり方を考えるだけで、そして参照すべきものは参照して法制でも何でも変えられるものは変えればいいはずなんですよね、本来は。
 後一つ、書ききれなかったのはマスコミの影響ですね。これは「空気」ともつながる。

 同時にこれはしかし、湯浅さんが質問前のシンポで云っていたことですが、日本では福祉は企業の補助から始まる形しか作ることが出来ず、官僚の社会保障に関するスキルが低いんじゃないか?という話に繋がることなのかもしれません。マスコミもその中に含めていいんでしょう。長い長い流れの中、新聞も社会保障や社会福祉は「くらし」や「生活」欄に押し込められ、政局、経済や外交からは一段低いところに置かれっ放しでしたからね。(いや、それは現在進行形かもしれないです)。でも生活が不安定になれば社会も当然不安定になるわけでね。廻りまわって関係ないものが関係せざるを得ないものとなる。

 セーフティネットを筆頭に、これらの社会政策の哲学の変化は「変化」だけに難しいものなのかもしれません。人間は習慣に生き、習慣の力は強いと思うから。
 僕だってそう。僕の人生に対するスタンスや保守的な生活スタイル、考えの志向性はそうそう変更できるものではない。
 そういうことと密接に関係しているのかもしれません。
 でも、そういって、そこに居直るわけにもいかない局面もある。そういう局面がいまという時代なのかなという気がします。

 そういう時代にはおそらく、湯浅さんのように実践家であるだけではなく、実践家兼理論家が生まれる。そんな気がしました。しかし帰ったら根室の公立高校でナント生徒の5分の1が就学援助を受けていて、それでも経済的理由でかなりの中途退学者が出ているというドキュメントをやっていてびっくり。これはまるで僕が子どもの頃に聞いた話だ。昭和40年代の初期に日本は戻ってしまったみたい。おそらく、それをはねかえそうとバネにして当時のお父さんたちはモウレツに働いたのでしょうけど。結局、一回転して元に戻ってしまったのかなぁ。。。
 それだけに「新しい時代の社会政策」のはず、なんだよね。

 中島岳志さんも関っているといっていたビッグイシュー日本版。実は勤務先に行く途中で販売している人がいるんです。ずっとこのところ財布の中身が厳しく、悪いなぁと思いつつ通り過ぎていました。昨日のシンポの後、ローリング・ストーンズ&マーティン・スコセッシ監督が表紙のものを買った。15日の給料日が来たら、今度は販売員の人から購入します。
 ストーンズのライブ映画をスコセッシが撮って、「シャイン・ア・ライト」というタイトルで公開されているはずだね。確か『メインストリートのならず者』に収録されている邦題「ライトを照らせ」という曲からとられているんだろう。ゴスペルタッチな名曲だ。

ビッグイシュー日本版|バックナンバーNo.108号
d0134515_1043935.jpg

 今回のメイン企画はミック・ジャガーのインタビュー。単純に雑誌の質としても高いのでぜひ気楽に販売員の方から購入を、とナマイキに呼びかけたい(笑)。
 ホームレス人生相談というコーナーもあって、ホームレスの人の相談の答え方が人間味があって僕の感性にはすごく合うぜ、と思ったな。


[PR]

by ripit-5 | 2008-12-12 22:13 | 湯浅誠

加藤周一氏の死を悼む


d0134515_1020715.jpg
Excite エキサイト : 社会ニュース

日本で世界に通用するというか、本当の意味でコスモポリタン的な知性で世界の中に出て行って生きた人文社会系の知識人といえば、加藤周一氏をおいていないのではないでしょうか。

 東京から離れて篭って暮らす自分にとっては、一度でも遠くからでも拝顔して講演などを聴く機会などあり得るのだろうか?と思っていましたが、それが実現したのがもう3年半前。「9条の会」における出張講演でした。
 その時からすでに腰は曲がり足元もおぼつかないところもあり、声の張りはごくまれにテレビなどで見ることが出来たキレのある語り口とは違い、すっかり弱っていましたが、とにかく頭脳の明瞭なこと、ただならず。通常の80代後半の男性とは一味も二味も違っていました。やはりその鋭利な知性は想像通りの加藤周一氏そのものでした。

 その際のレポートは過去のブログに書きました。
「加藤周一氏の講演」(’06.7.21)
 今や実践的な活動をしてきた功績大な知識人のオリジナルメンバーはもはや鶴見俊輔さんを残すのみとなったかもしれない。鶴見さんと小熊英二、上野千鶴子との対談をまとめた本の感想でも加藤周一さんにも触れました。
「戦争が遺したもの」(’06.9.17)

 加藤周一氏の本来の仕事は文芸批評家なのですが、かの人の名を知る多くは社会批評家としての加藤氏、という認識になるのではないでしょうか。
 とにかく加藤氏の知性は日本人には極めて珍しい合理精神に基づいたもので、その中にヒューマニズムの精神が強くしっかりと息づいていました。

d0134515_1147525.gif

 もっとも加藤氏の本で読みやすい文字通り居酒屋での加藤氏の座談を下に構成した本。時評を元に歴史から現実へと縦横無尽。その上で分かりやすい。この分かりやすさは元医者であったが故か?腑分けと再構成の能力は群を抜きます。医者で作家になった人のそれは特徴のような気がします。晦渋な現代思想の人たちの書くものも意味あるだろうと思いますが、土台があっての現代思想であることもお忘れなく。

d0134515_11474333.gif

 90年代の「同時代とは何か」。講演録集。加藤氏はこの頃から20世紀を問い直す作業を始めていたような気がします。

 日本を代表する国際社会に通用する本物の知識人。その存在の大きさゆえ、失ったものの大きさに呆然としますが、いつかこの日が来るだろうと思っていたのも事実。
 本当のことをいつも語ってこられた偉大な先生。精力的に活動をしてこられ、私の盲を開かせていただき、本当にありがとうございました。安らかにお休みください。合掌。


[PR]

by ripit-5 | 2008-12-06 10:17 | 社会