検察というのは一体どうなってしまったのだ!?

Excite エキサイト : 社会ニュース

 昨年「郵便制度悪用事件」というのがありました。障害者向けの郵便割引制度が悪用されたという事件です。それは実体のない「凛の会」という組織に厚生労働省が偽の証明書を発行した。それを上層の意を受けた村木さんという当時の厚生労働局長が同省係長偽装した証明書を発行するように命じた。それもその上層には政治家の意向が働いていたらしい、という嫌疑での逮捕であり、当時の報道でした。

 ところが裁判が始まったここに来て、あろうことか「検察側証人」そのものが村木労働局長の関与を認めるどころか、検察調書の作成からして自分たちの本意ではなかったことを法廷で語りはじめているということです。

 すなわち、当事者である「凛の会」のメンバー、元会員は「取り調べ中『調書は検察の作文だ』と訴えたが『いいんだ、サインしろ』と言われた。脅迫もあった」と。(脅迫ですよ!)。かつ調書どおり村木被告から証明書を受けとったと認めた会長が「受け取った日が見当たらない」とあいまいな供述に転換。
 
 このような検察側証人でもう一つ大きいことは、捜査の段階で「石井一・民主党議員から口添えがあった」と認めたとされる村木局長の上司である厚労福祉部長が法廷で「調書は事実ではなく、検察側に作られた記憶だ」「国会議員の口添えも、村木被告への指示もなかった」と語気を強めた、と報道されていることです。

 このように公判そのものが成立しないような驚くべき証言が続く中、決定的な話として、偽装の実行者とされる村木局長の部下である係長である上村被告は「村木被告にも他の上司にもまったく相談していない。証明書を作ったのも、渡したのも全部一人で実行したことです」と法廷で証言したそうです。

 これでは村木被告をそもそも犯罪者とする構成要件も立証の根拠も完全に喪失しているではありませんか。

 その上で、上記の係長が書いていたとされる「被疑者ノート」のエキサイト・ニュースです。

 一体、この驚くような検察の事件構成はどこから生まれるのでしょうか?まさに「瓢箪から駒が出るような話」と皮肉るしかないような驚くべきずさんさです。

 このありえないような実態の事件で村木局長は半年近くも拘留されていたというのですから、慄然としてしまいます。まして局長は非常に有能かつ人物も大変良くできている人だという話で、なぜこのような理不尽がまかり通ったのか、公権力が不起訴にせず起訴して裁判にまで持っていったのか不可解極まることです。

 購入した「週刊朝日」の記事中ではいろいろな推察が書かれていますが、それだけを見るとまるで検察キャリアの個人的なプライドが事件を捏造しているようにさえ見えてきます。「推定無罪」どころか「推定有罪」「疑わしきは犯人」。否、それどころか今回の事件は「疑わしさ」さえあったのか。新聞記事や週刊誌記事を読む限りそれさえ疑問です。

 これもまた検察権力の驚くような失態ではないでしょうか。
 マスコミもこの事件を余り大きく取り上げないのはちょっとおかしいのではないかと思う。私の場合は地元紙ですが。足利事件、小沢秘書疑惑、そして今回。余りに検察権力の濫用を伺わせる事件が多すぎて、私は怖くてたまりません。

 ところが人柄が多くの人に称えられている村木局長はやはり強い人。会見の席で娘さんらへの気持ちとしてこのように話されたそうです。

 「人生には、今回の事件だけでなく、病気にしろ、事故にしろ、まったく見に覚えのないことがふりかかってくることがある。娘が困ったときに『母さんも頑張ったから大丈夫』と言えるように頑張ろうと思っている」と。

 先ほどNHKハイビジョンの『100年インタビュー』で蓮池薫さんの1時間半に渡るインタビューを見てその運命に翻弄された日々を極めて冷静にかつ熱く、そしていろいろな悲しい思いを溜めながら語ることばを聞きながら、心底凄い、素晴らしい人がいるものだと大変感銘を受けたので、この母としての局長の言葉もまた、胸を衝きます。

 しかし、人生に不条理がまかり通ってはやはりいけないのです。まして警察・検察の役割は日本人が日本という法治国家の中で秩序に守られて生きることが出来る、大切なある意味聖職のはずです。仮にもそのような立場の人たちが暴走したら私たちは日本人として安寧を根本から揺るがされることになってしまいます。

 不安がベースの社会は人々を運命論者にさせます。運命論が跋扈する社会は必ず宗教社会になるでしょう。人知を超えた運命に人が生きねばならないのなら、そこには人知を超えた存在を基底することになるからです。それが宗教国家や宗教社会です。

 しかし、自然災害や病気や事故は逆らえないものですが、人為や故意は全く別なものとして峻別されなければなりません。「法の番人」がそれを破るなら、それを行った人間が罰されねばなりません。人がせっかく築いた生活を壊すわけですから。
[PR]

by ripit-5 | 2010-02-25 22:43 | 社会

小沢一郎研究

 気が弱い自分なんぞはこんなタイトルをつけること自体にちょっと勇気がいるんですけれども。フリージャーナリスト・魚住昭氏による小沢一郎とは一体どんな政治家であるのか?というインタビューを中心にした研究。
 魚住氏が主催するネットメディア上であの「国家の罠」で一躍有名になった外務省元主任分析官・佐藤優氏と、政治学者山口二郎氏へのインタビューが載っています。

 特に佐藤氏のインタビューから垣間見える点はかなり深く小沢一郎という政治家の本質を突いているような気がします。ただ同時にこの非常に深い考察の中に、小沢一郎を語る「佐藤優」という人の思想性もある程度まで理解していたほうが良いと思います。

 知性に劣り単純な自分には複雑すぎて分からないところの多い佐藤氏ですが、いまの時代には珍しく強靭な知性と思想性を持つ人であることはハッキリ認めてよいと思います。ぜひじっくりと腰を据えて読んで欲しいインタビューです。やはり権力を持つ人の発想はとんでもないものがある。それはインタビュー後半部分を読んで痛烈に感じることです。

思考解剖「小沢一郎」第3回
思考解剖 小沢一郎 第4回

佐藤は小沢に限らず、誰が指導者になっても日本が他国を食い荒らす帝国主義化は避けられないという冷徹な認識をしている。資本が高度に蓄積・集中化されると、余剰資本は新たな市場や投資先を求めて他国に向かう。その援軍としての海外派兵は歴史的必然というわけだ。ただし佐藤はそれを是認しているわけではない 。事態をきちんと理解し、そのうえで現実に影響を与える抵抗運動の必要性を佐藤は誰よりも強く感じている。
 
佐藤 だから国連に金もたくさん拠出してるから安保理の常任理事国になって、国連のアンブレラの下で積極的に海外派兵を行って帝国主義国としての正しい分け前を取る。これは、やっぱり小沢、鳩山さんの発想ですよね。
 
—その分け前とは石油利権であり、レアメタルであり、穀物であり……。
佐藤 はい。我が日本国家と日本民族が生き残るために、生存権を確保するために必要なものを取るということです。
 
—資本を海外に投下し、工場をつくったりして現地住民から搾取もする。
佐藤 そうそう。それで雇用が生じるわけだから、現地の住民は幸せなんだという考え方です。
 
—しかし、小沢さんご本人はそういうことを明確に意識して言っているんですか。
佐藤 わからないでやってるんです。
 
—えーっ(笑)。
佐藤 わからないで、フワーッとしてやってるわけです。それを理論化するのが我々のような周辺にいる人間の仕事でね。「先生がやっておられるのは、こういうことですね」「大体そんなところだろう」と。資本の蓄積を十分に遂げた、強い国家が普通の頭で生き残りを考えると、本能的に自分の分け前を増やす行動をとる ものなのです。それが(『改造計画』の)普通の国ということです。だから普通の国になれというのは帝国主義国になれってことなんです。第二次世界大戦後のアメリカの対日占領政策の目的は、日本を再び帝国主義国として立ち上がらせないということでしたね。今後、日本が露骨な帝国主義的行動をとると、当然それとは抵触す るんです。
 
—小沢氏らの無意識がそうさせている?
佐藤 無意識です。ただ小沢さんの優れた才能はプラグマティストであること。プラグマティストが勝利する要因は、国民の中にある集合的無意識を抽出する能力なんですよ。
たしかに小沢は自由党末期の〇三年ごろから小泉構造改革路線の行き着く先や、格差拡大・地方切り捨てによって国民の間にひろがっていた不安や危機感を察知し、その対応策を考えている。山口が指摘したように〇五年に民主党代表となった前原が「自民党と改革競争をする」と口走っていたのとは、政治センスにおいて雲泥の差がある。

 この部分だけを引用してしまうと、小沢氏という政治家に非常な誤解を与えてしまうかたちになってしまうので、ぜひインタビュー全体を読んでいただきたいのですが、それでも権力者の思考は凄いものだなと緊張感を覚えます。もちろんこれは佐藤優氏が見る権力者の姿なのですが、それにしても。

 佐藤氏自身も元国家官僚として「要するに平均的な官僚、平均的な政治エリートが考えていることです。私が官僚だった時期に自らを置いてみると、小沢さんの論理が良くわかるのです。」ともいっておりますし、それは例えば平和主義を唱える元官僚の方のブログを読んでも時折垣間見えるものです。「政治について普通の人たちが考えないですむのが良い政治だ」というような。
 それは良い悪いではなく、国家官僚的なマインドというのがそういうものだ、そういう形で否応なく成立しているものだということなのかもしれません。私はだんだんそのように考え始めているのですが。果たして本当のところはわかりません。

 ただ、佐藤優氏に関して云えば、僕がどうしても特異に感ずるのは論理のキレの鋭さがあるにも係わらずいま一つ分からないところは、極めて冷徹といえるほどの国際関係のリアリズムを協調しながら、国家に対する抵抗の論理も述べているところですね。(インタビューの最後にうかがえます)。彼の本意の分からなさ、あるいはその内側にある両義性という点です。そういえば、菅谷さんと主任弁護士の佐藤氏を迎えたシンポジウムはムネオ塾で行ったのですが、その中でも極めて異彩をはなち、雄弁であったのが佐藤氏でした。(『菅家さん参加のシンポを見て』 09.08.02)

 ところで上記「山口が指摘したように」という魚住氏の挿入部分は山口二郎氏のことです。以下、山口二郎氏に対するインタビュー。

思考解剖 「小沢一郎」第2回

 何というか、昨年NHKで放映された「永田町権力の興亡」を見たときに感じたような生々しさを思い出しました。いや、もしかしたらそれ以上かもしれない。あてられて知恵熱が出そうになるというのが正直な気持ち。

 ただまぁこのように小沢氏に対する特別な関心を持ってしまうというのはおそらく小沢氏ご本人が自分のことをほとんど語らずに差配する力があるため。このような形でカリスマは作られる?と使い古された定理?を改めて思うのでした。
[PR]

by ripit-5 | 2010-02-20 17:44 | 新政権

北京大学教授、米誌に論文

 新聞に載った記事としては古いのですが、米国の外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」に北京大学の桃洋教授という方が『北京コンセンサスの終わり』と題して論文を書いた。その内容が体制内改革議論として評判を呼んでいるという記事があり、その論文の要旨も同日紙面に載りました。(「北海道新聞・2月9日)。その内容は、現在の人たちがあえて言葉にはしなくとも今後の中国の発展を考えれば十分予測されうるものだと感心して読み、ネットで追尾しようと試みましたが、面白いことに地方紙にしか関連記事はなく全国紙で取り上げられた形跡がありません。いまではそのニュースそのものがなくなっています。共同通信の配信かと思いますが、内容に関する要旨もそのときはネットであがっていませんでした。英語に堪能な人は直接「フォーリン・アフェアーズ」のサイトにあたって見るのも興味深いかもしれません。同紙に掲載された桃洋教授の論文の要旨をここに書き写しUPしてみます。

一.過去30年、中国経済は新古典経済学の市場理論を進めてきたが、利益の再分配は最低水準にある。
一.中国共産党は典型的な民主主義という意味では正統性がないため、国民の生活水準を高めるなどの業績により正統性を獲得してきた。
一.この戦略は成功したが、収入格差の拡大などのためこれ以上続かない徴候がある。
一.所得格差を示すジニ係数は2008年、0.47で米国と同水準。中国は世界で最も都市と農村の収入格差が大きい。
一.国家はしばしば市民の権利を侵害し、ほかのどんな権威主義的政権も及ばない成長重視政策を推進してきた。
一.発展途上国では1人当たりの国内総生産(GDP)が3千~8千ドルに達すると収入格差拡大や社会衝突が起きるが、中国もこの段階にある。
一.国際社会の中国内政への監視は重要な役割を果たし、中国は突然、国際社会における正統性に関心を持ち始めた。
一.中国政府はさまざまな”痛み止め”により民衆の怒りを抑制しているが、その措置は脆弱。政府と関係者、国有企業が強力な排他的利益集団を形成し、地方政府は企業化し、ただ経済利益を追求している。
一.中国が進める成長戦略による国民の経済的、政治的権利の侵害は避けられない。
一.政府は国民の土地を強制収用し、インターネットを綿密に監視し、労働組合を弾圧し、長時間労働や危険な労働環境を強いている。
一.権利侵害に国民はこれ以上沈黙せず、彼らの不満が間欠的な抗議行動を引き起こす。
一.遠くない将来、国民の政治参加を認める政治改革が不可避。活発な抗議活動や経済発展の不均衡で中国は新たな重大な危機に向かっている。
一.強力な特権集団と商業化した地方政府が利益の公平な分配を阻害。このため共産党が経済成長により、絶対権力への国民の同意を取り付ける戦略は失敗する。
一.共産党が経済成長を進め、社会の安定維持をしたければ、一層の民主化をする以外に道はない。

 かくの如く、非常に説得力のある内容だと思います。また、単なる体制批判型の論文というよりも、むしろ体制内インテリが母国の経済発展に対応する社会政治のありようとして、今後柔軟に変化を求められることを見通した内容のものとして私には読めます。

 そのように思っていたら案の定、桃洋氏という方の肩書きは北京大学国家発展研究院副主任という立場であり、この研究院は中国共産党が進めてきた市場化経済路線を理論的に支えてきたシンクタンクであるとのこと。この論文、副題は「中国の権威主義モデルは維持可能か」。主題とともに説得力があり刺激的なタイトルです。
 ですから、私が思うに心ある体制内インテリも、この記事の解説にあるように「政治改革の停滞が、中国の最重要課題である経済成長や、社会の安定にとってマイナスとの認識が中国共産党内で広がっていることを示唆するもの」という解釈で基本的に正しいと思います。

 いわば世界が経済危機から抜け出せない中で中国のみ経済成長が突出しているため、視線が中国に向きつつある中での一つの良心的な注意喚起としての論文として読めました。中国へ熱い視線に日本が向かうのも必然でありそれを了とする私ですが、しかし現在の中国の発展モデルは言葉は悪いですが「開発独裁型」に近いのも事実でしょう。ある意味で政治家及び官僚主導で開発型成長をし、中流階級層を掘り起こしているわけですが、過去の日本も含め世界中、速度にタイムラグがあれども、知的化していく人々が個人主義化すると同時に、正確な情報も求めつつ民主化を要求していくのは大衆化の必定でしょう。かつ今後、生産業に従事する人たちは賃金値上げと労働条件の改善を求めて活動していくようになるでしょうし、逆にすでにアッパーミドルとなった都市中流層はマネー経済にはまって不動産バブルなどを引き起こし、中国発のバブルがいずれ発生するかもしれません。

 隣に経済発展大国があって、いまアップアップしている日本にとっては救いだね、という話はいつまで通用する話なのか。しかしこの報道的には小ネタの記事は、中国体制内部で真剣に人口の一割でも「中流化する大衆」が想像される大国における、体制の自己内変革に向けた先駆のレポートなのかもしれません。

 たとえば、個人的に少し関心がある労働法関連などに関してはすでに法の新しい動きがあるようです。
山下昇・龔敏編著『変容する中国の労働法』 EU労働法政策雑記帳

 過去の共産中国とは違う経済大国としての中国は今後どのような市民社会を作るのか。そこは真面目に考えれば大変深刻な葛藤があるだろうことは想像できます。そこをどう現在の政治指導部は舵取りするのでしょうか。中国は多党制に移行するでしょうか。あるいは多党制移行可能な国家なのでしょうか。
 近代主義市場経済は西洋式近代的政治システムを必然化するものなのか。あるいは長い目で見た場合、アメリカが世界の中心から徐々に退潮するであろう中、所謂「欧米型」世界が自分たちの世界観や価値を今後もスタンダードとして普遍性を持ちうるか。それとも世界の意識が変わり、今後中国が何らかの別の世界観を提出するときがくるのか。

 かなり飛躍したことまで言及してしまいましたが、とりあえず日本が今後アジアの一番を経済的に誇るのはどう考えても無理な話。であるならば今後は上記とは逆説的に成熟国家の規範を示すことがアジアにおける名誉ある地位を確立する方法論ではないでしょうか。それには透明度の高いルールに基づいた国になっていくことだと思います。そのためにはやはりEUが種々定めているようなルールで倫理性が高いものを取り入れて遵守していくこと。まだ民主主義的ルールの面で立ち遅れている中国に埋もれてしまわないためには、その方向性しかないのでは。

 いずれは上記・桃洋教授の論文にある問題提起に何らかの形で答えていく国家へと中国は徐々に舵を取っていく。そんな予感がしますから。
[PR]

by ripit-5 | 2010-02-17 20:02 | 社会

権力が動くということは

 小沢氏が不起訴になったということで実質的に東京地検特捜部は敗北したといっていいのだろう。それにしてもこの期間のリークの嵐、新聞・テレビなどの偏向報道、「推定無罪」原則を無視した、まるで「疑わしいものは小沢」式の報道は異様であった。マスコミと検察一体となっての「影の日本の権力者」と云われる人物へのバッシングはひどすぎた。僕は個人的には小沢さんという政治家はどうにも好きになれないけれど、法のありように照らして、そして被疑的な段階(秘書の3人の方だって起訴されても被疑者に過ぎない。嫌疑も純粋刑法的には軽微としか思えない)での取り扱いに関して、随分検察は無茶苦茶なことをし、市民を捕らえる際の「用心深さ」を喪失したその姿は何とも見るに耐えない姿であった。
 そして一人の人間を過剰にバッシングし続けたマスメディアの質の低下の姿もはっきりみえた。(おそらく個別に有能な記者を生かさない慣習的な編集姿勢を変えられないままきた結果なのかもしれない)。

 これは2007年の社会保険庁の年金問題以来の官僚の大きな不祥事だと思う。官僚権力の暴走と官僚への信頼への国民に対する裏切りの意味で。年金は国民に直接関係のある事項だけに社会的な大問題だが、今回は検察権力の恣意的な権力行使の問題につながる。共産党さえ小沢氏の「政治的・道義的責任」を徹底的に追求するなどと云っているが、彼らは気づかないのだろうか。検察がその気になれば、つまり検察権力をしっかり監視しなければ、火の粉が自分たちに向くかもしれないということを。そういう想像力を共産党は失ってしまったのだろうか。

 だがおそらく見えてきたこともある。確かに去年の暮れくらいから前面に立って小沢氏が権力を誇示し始めた面はある。民主党を元締めるものとして、民主党内部でも、もともとあった「民主党らしさ」のために小沢氏のようなタイプの政治家が殷盛を誇るのは民主党にとっても良くないという思いも分からないではない。鳩山首相の極めて理念的な施政方針演説と齟齬をきたす面が象徴的に小沢氏に感じられるというのも。一言で云えば、政党イメージにとって良くないという気持ちも。

 しかしそれはもう少しのちに考えれば良いのではないか。僕が思うにこれは「政権交代」の余波であり、国家権力内の権力闘争で、それが外に見え始めたということだと思う。政権交代は限定された「政治」という舞台での与野党内の争いのみではなかった。検察権力やマスメディアとの大掛かりな葛藤・軋轢でもあったということ。そして民主党はそういうものに対してまだ野党的な態度に出てしまう面があるということ。政治権力を奪取してまだ日が浅いという意味では無理ないことかもしれない。天下に小沢VS検察の図を自ら作った小沢氏、そして行政府の最高責任者である首相がうかつに「戦ってください」と語ってしまった不注意を含めて、やはり野党的な被害意識が抜け切れない面はあった。

 だがハッキリ云えば、国民にとってはこの問題の筋に敏感であろうと、余裕なく関心が持てなかろうと、いずれにしても究極的には関係ない事柄なのである。要はいまの日本の基盤が今までの日本社会の意識のありようでは立ち行かないという厳然たる事実を前にして、その意識の変化を掬い取った、あるいは先取りしたあの理念的な鳩山首相の「施政方針演説」を叩き台にした国民たちのコンセンサスを巡る議論のほうが重要だ。

 いのちを守りたい、と冒頭2度繰り返したあの演説。生まれ来るいのち、育ちゆくいのち、働くいのちを守りたい。若い夫婦が経済不安で子どもを持つことをあきらめる社会を変えたい、居場所を失い孤立する人を作らない、孤独死してしまう老人を作らない、そのために現代社会の諸般の問題を位相の異なる科学技術や今までとは位相の異なる人間のための経済社会を作る腹積もり。それが鳩山政権が目指す目標ならば、僕には何ら異存はない。その政策の具現化を求めて応援する。だけど「異議あり」の国民もおそらく沢山いるのだろう。
 従来型の規模の成長から日本経済の質的脱皮による「いのちの成長」を唱える鳩山氏に対して、規模の成長が大事だと考える人々もいるだろう。僕は鳩山施政演説の前半部分を特に感銘して読んだけれど、政治は理念よりもいまの国益と現実主義だ、と考える立場もあるだろう。それこそが理念と政策を巡る対立だ。そしてその議論を通して自分が支持する政党を決める。それが民主主義。(もちろん、民主よりも革新性を唱える政党もあるわけで)。

 具体的な今後の政治はこの理念を基盤にして、与野党で存分に相対峙して争って欲しい。いつまでも金権スキャンダルばかり持ち出していたら、野党は理念を持っていないのか?と思われるだろう。そのことを野党も考えたほうがいい。国会を生産的な場にして欲しい。これだけ「理念型」の政府方針を打ち出した内閣は無かったし、ならば野党は理念の具体性を問うていけばいいと思うのだ。

 そしてマスメディアもこの理念に反対ならどんどんスキャンダルや揚げ足取りをすればよい。いや、それっていうのも全然建設的ではないな!これは私の皮肉に過ぎない。(苦笑)。
 むしろ「理念なぞ現実には適用できないのだ。現実の経済社会の流れで、国家を富国とせよ」という論調(これもいろんな論の中の一つですが)で言論として対抗すれば良い。

 繰り返しになるけれど、今後は鳩山理念というものが、それが本気なものかどうかを含めて政治はその政策について争えばいい。

 マスメディアは自分たちの主張を持てばよい。記者クラブ制などにこだわって自分たちの既得権益にすがるようになってから、あるいは「社会の公器」などという幻想を振りまいた結果の現代的な帰結がこれである。むしろ、自分たちは野次馬の「瓦版屋」なんだというところから始めたほうがよほど権力監視的になれるんじゃないか。

 特捜部だってそう。妙なエリート意識が芽生えた結果妙なことになってしまったんじゃないのか。元々は「隠匿退蔵物資事件捜査部」というものであったという歴史的現実から出発したほうがいいのではないか。

 私はそう思います。
[PR]

by ripit-5 | 2010-02-05 10:17 | 新政権