民主党と支える理論家の変節

 大変長い間ブログを放置しておりまして、大変申し訳ありません。
 時代を反映してどうしても書きやすいツイッターのほうに移行してしまっていました。
 ツイッターは日々何かしら書いております。

 さていま一つ盛り上がらないといわれていたサッカーのワールドカップ南アフリカ大会は日本がカメルーンに勝ったことにより事前のオランダ戦のテレビは異様な盛り上がりを見せておりました。結果として負けたとはいえ、4年前とは明らかに違うタイトで戦う意思が明確なチームはデンマーク戦まで引き続き盛り上がりを見せるでしょう。

 そのワールドカップ決勝の頃まで同時期にいよいよ参議院選挙が始まります。もう選挙なのか、という意外感と同時に私は昨年の歴史的な政権交代から鳩山政権崩壊後の驚くべき民主党の変節に大変な衝撃と、強烈な憂鬱に覆われています。そしてこれから選挙までどのような報道が日々されるのかそれを考えれば倦み、歯軋りする思いです。

 民主党にはすっかり裏切られました。「マニフェスト選挙」も「マニフェストを守る」も平気で反故にできる政権交代政党。「小沢支配からの脱却」「現実の変化」「ギリシャ、EU諸国の財政危機」「日本の財政再建」どんな言葉でもいい。
 要は政権を握って民主党は理想を捨てたのです。少なくとも菅首相は明確にそれを捨てた。これが政権交代といえるのか。彼がいう『第三の道』は要は介護・医療、環境、観光、農業云々に新たな成長軌道を描こうと(そこにだけ)夢を見ている所謂「上げ潮路線」に過ぎないでしょう。そこへ理念をという近辺の声を押し切り(例えば国民総生産よりも、国民幸福指数を指標としよう、という声)、「成長率」にこだわり、換算したがるところにその本性があります。

 財政規律と成長戦略。消費税の倍額にいたる増税。そこには非正規労働の痛みや格差社会の問題意識は遠く遠くなりました。鳩山首相が掲げた高邁な理念である「新しい公共」は消えました。鳩山首相が夢見た「凄いことをやるバカで孤独なひとりの裸踊り」をフォローすることはなく、国家の背骨は経済強国だという古典的な戦後的価値に舞い戻り、私たちが夢見た民主党の理想主義は打ち捨て、民主党の若手を中心としたもう一つの面である「構造改革派」が現状覇権を握ったのです。
 この流れのままで選挙に流れ込むでしょう。そして新党ブームに乗った「みんなの党」あたりに期待をかける都市中間層を取り込むでしょう。

 ある意味では「選挙対策内閣」であり、また「民主党の変化を象徴する内閣」でもある。

 個人的なことをいえば、私の民主党に対する憂鬱は極限にあります。なぜならそれを行う首相が少なからず期待をかけた「菅直人」という人であるということ。それが大きな理由であることはもちろん大きな一つ。

 もう一つは昨日の朝刊を読んで、愛読書であり自分の教科書にもしていた『生活保障』(岩波新書)を書かれた北大の社会保障論学者、宮本太郎氏の書かれた内容に明らかに信じられない文面が並んでいたことです。記事の整合性から私の疑問と異論はとりあえず本日は詳細書きませんが、私に言わせれば驚くほどステレオタイプな現状追認の文面が並んでいたのです。

 今の菅政権のやっかいさは長く良心的な立場を貫いていると思われた政治学者や経済学者が新政権の方向性を支持しているように見えることです。もしかしたら彼らが菅政権のブレーンなのでしょうか。ケインズ主義の小野善康氏。あるいは神野直彦氏、山口二郎氏、そして宮本太郎氏まで。
 ここにまさか湯浅誠さんまでが陣営に加わるとか?それだけは信じたくない、信じられない現実ですが!!
 こうなってくると日本の理想を語るオピニオンリーダーたちの全滅になっていく。マスコミはずっと自分たちの経済利益上前鳩山内閣を叩いて叩いて、叩きまくってきたのですから、こんな嬉しい事態はないでしょう。

 この現実はどこへ行くのか。参議院後の日本政治はどうなっていくのか。
 生意気に、とても大きなことを云えば、この日本という国の漂流と混迷は続くでしょう。
 1年後もどんな政治地図になっていくのかさっぱり見当がつかない。相当また違ったもの、組み替えられたものになっているのではないでしょうか。

 憂鬱ですが、反対の面から見るならば、ダイナミックな変化の前で面白く感じる人は感じるかもしれませんが。私の場合その頃はおそらく屍累々のなかのひとりとしてあえいでいるような気がするのですがね!

PS.
 宮本氏の記事に対する疑問については改めてしっかり読んで記事にします。リアルタイムに感じていることはツイッターのほうに結構ひんぱんに書いています。エキサイトブログもツイッターのリアルタイム書き込みをサイドバーに埋め込めるようになりましたので、そちらをチェックしていただけると大変ありがたいです。

PS(2).
ポール・クルーグマンの文章の翻訳をツイッターのフォローから見つけました。ここに書かれているのはまさに今の日本と同じじゃないですか、見事なまでに。タイトルも秀逸です。必読!
クルーグマン「気分はもう30年代」 - left over junk
[PR]

by ripit-5 | 2010-06-20 09:08 | 新政権